為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイ持たない生活とイチブトゼンブ

 昨日今日とケータイなしの生活を送ってみました。と、書くとカッコイイのですが、要はケータイを家に忘れただけ(笑)

 そこをちょっと陽転思考して、ケータイなしの生活を送ったと書いてみました(^o^)丿

 なんと都合のイイ奴なんだ…って思われた方、それ、正解です。

 ただ、人のせいだけにはしません。

 ケータイなしの生活、最初は何か不安なものを感じるのですが、ケータイが庶民レベルまで落ちてきたのはたかだかここ10年のこと。それ以前は固定電話しかなかったわけです。

 たとえば、気になる子をデートに誘うためにも固定電話。相手がストレートに出ることを願いつつ、特にお父さんが出ないことを祈りつつ(笑)、プルプルプルの音をドキドキして聴く体験はいまとなってはほとんどできません。

 ワタクシ、ちょうど30歳なんですけど、20代の方は最初からケータイだと思いますので、このドキドキ感は30代以上の方に共感いただけるかなと思うのです。

 ほんのちょっとの勇気を振り絞って、たとえ結果がダメだったとしても、電話ができた自分を誇らしく思えたあの感動って、ケータイができてからなくなってしまったんですよね。。

 でも、持たない生活は2日間が限度ですね。やっぱりケータイに依存しちゃってるんです。

 データがすべてケータイにあるので、自分が必要なときに必要な情報を取り出せないことに不安を感じるし、暇を持て余してるときには触っていないとなんか落ち着かない。

 これ、どんな人も感じてるんじゃないかなって思うんです。

 あっ、ワタクシの場合、仕事のせいなのか、私用でケータイかけてもよく無視されます(笑)

 合わせてメールに返信ないことなんてよくあること。

 即返信なんて求めておりませんが、1~2日返信ないと、催促していいものかどうか迷うし、もしかしたら相手が忙しいから、返事が後回しになってるのかなとか(実際、忙しい人ほど返信早いし、忙しいって言葉は使わないので、そんなことは思ってないんですが。。)、いろいろああでもないこうでもないと要らぬことを考えてしまいます。

 それがエスカレートすると、相手は自分のことを嫌っているのかも??かもがさらに違いないに変化して…まぁ、昔の自分はそうでした(^_^;)

 だからつながるかどうかはドキドキものです。つながったときは嬉しくて、声が裏返ります(^_^;)

 相手からしたら、売り込まれると思うんでしょう。無視されるのって、正直辛いです。

 でもいいんです。それは自分の人間力がないことを相手が教えてくれたから。

 悔しい気持ちも当然持ちながら、何が足りないのか、自分自身をとことんまで見つめる機会を与えて下さって感謝の気持ちと二律背反で心が揺れます。

 そしてそんな無視をするような人たちに共通する点も、そろそろまとめられそうです。これをネタにできれば…これ以上は内緒で。

 で、B'zの最新曲。最近のお気に入りです。音楽も素晴らしいのですが、それ以上に歌詞がとにかく素晴らしい!

 ドラマの主題歌になっておりますので、耳にされている方は多いと思いますが、一応Youtubeから借用させていただきます。



 お気に入りは以下の歌詞。

 すべて何かのイチブってことに 僕らは気づかない
 すべて知るのは到底無理なのに 僕らはどうして あくまでなんでも征服したがる カンペキを追い求め
 
 究極はこれ!

 愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに

 いろいろ長く書いてきましたが、今日書きたかったのはここ。

 昨日、残念ながら完敗でした。7連敗したチームといえども、レッズの個々のメンバーが集中したときには、その実力はJ随一のものを持っている。それを引き出してしまったたフロンターレもやっぱり実力のあるチームなんです。

 負けた後って、いろいろと溜まってきますよね。采配とか選手のプレーとか、審判とか、相手の下らない時間稼ぎとか。

 それをぐぅぅぅぅぅぅっと溜めこみ、次の試合へのエネルギーに還元される方もいれば、せっかくのエネルギーの源を放出される方もいらっしゃいます。某巨大掲示板は後者の典型かなと。

 あなたがフロンターレというチームを応援していて、愛しぬけるポイントってなんですか??

 負けた時にはそのポイントだけを誉め称え続けるのはいかがでしょうか??

 愛しい理由を 見つけたのなら  もう失わないで(Oh, you're the one)

 批判したくなる気持ちは当然なんですけど、そこをグッと我慢できる姿勢を見せることで、もしお子様がいるのであれば、その親の姿をみたら、お子様はどう思うでしょう??そんな親に憧れるんじゃないかなって?思うんです。

 お父さん、大好きなフロンターレが負けても、文句も言わず、凄いなぁ~って。

 イチブトゼンブ。

 物凄い小さなことですが、それが全体を示すことを暗に教えてくれている、この歌はホントに素晴らしいです。 

 長々と書いてみました。ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

 いまは気付かなくても、深い部分に気付きを与えられるような形で文章を作ってみましたので、もしよろしければ、また明日にでもお読みください。違った気付きが得られるようになっています。

 水曜日、顔晴って(がんばって)いきましょう!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。