為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンフィクションのお話

 先日体験した実話をある方にお話したところ、以下のようにまとめていただきました。

 軽い小説タッチのノンフィクションです。ぜひお読みくださいませ。

 ちなみに私の志事は直接的には生命保険の営業です。間接的にはお客様や夢を叶えたい人の応援をしています。

2009年9月9日 水曜日

 今日の東京の青空は、とても気持ちがいい。

 そう思いながら、

 今日も一日飛び込み営業を開始し始めました。


 場所は、とある商店街


 飛び込み営業だから、当然ほとんど話を聞いてもらえません。

 なんて声をかけたらいいのか?

 「 こんにちは~! 」

 「 おじゃまします~! 」


 何が一番自分に合ってるのか、色々考えながら
 次々と商店街のお店に飛び込み訪問していきます。


 飛び込み営業は、最初の一件目が

 なんといっても勇気が要ります。


 5~6件目になってくると

 だんだん慣れてきて、たいした勇気も要らなくなり、

 15~20件目くらいになると、

 ほんと軽い気持ちで、次々と訪問できるようになれました。

 でも、毎日の一件目だけは、「よしっ!いくぞ!」という気合いと共に 勇気を振り絞って始めるのでした。


 そんな気持ちで毎日飛び込み営業をしているのですが、

 今日、とてもショッキングな出来事がありました。


 心臓が止まるかと思いました。

 怖くて思わず逃げ出そうかと思ったくらいでした。


 とある商店街に並んでいる一つのお店に

 飛び込んでみました。


 私は、ただ何の前触れもなく飛び込むのではなく、

 事前に、商工会さんから名簿をいただいて

 「今度ご挨拶にお伺いいたします。」

 との旨を書いたハガキを出した上で訪問しているのです。
 

 あるお店に入って、いつものように

 「 商工会の・・・・ 」

 と自己紹介しはじめた、その瞬間・・・。



 そのお店の女店主が、いきなり怒り出しました。


 え・・・ぼく、まだ何も言ってないのに・・・

 そんな気持ちでいたら、


 その方は、すぐそばの棚から、あるものを取り出しました。

 見せてくれたのが

 ぼくが事前にこの方に出したお葉書。


 しかも、ビリビリに破られていました。


 えええええぇぇぇぇぇ~なんでぇ~?


 と思うのも、つかの間。


 怒涛の如く、その方は怖い口調でしゃべりだしました。


 怒り狂ったとは、このことを言うんでしょうか。

 黙って聞いていても怖くて怖くて・・・。


 送って来たハガキをそこまで破るか~!なんて

 思いながら、その方の一言一句を聞いていると、


 ある保険会社の不信感から来るものでした。

 この方は、ご主人を81歳で亡くされて、
 その時に保険金請求をされました。

 取り揃える書類は、不慣れなものばかりでした。

 死亡証明書やら戸籍謄本やら医者の診断書やら。


 やっと取り揃えて手続きをしてもらおうと思ったら、

 保険会社に「保険金はおりません。」

 と言われたそうです。

 原因は、保険が80歳で切れていたからでした。

 そのときの怒りが、いまだに残っているようでした。

 「一生涯の保障だと思っていたのに…。」
 
 店から出ていくとき、背中越しに言われたそのつぶやきが耳から離れませんでした。

 保険証券は、一般の方にとっては
 
 ほんとに分かりづらいものです。

 保険に加入して以来、保険証券を見ないという人が
 ほとんどではないでしょうか。

 いざというときに機能しなければ、大切なお金を払っている意味はありません。

 そして何より遺された大切な方の思いを考えると、いたたまれません。

 この方と同じような境遇の方はかなり多い。

 そして、予備軍も大量にいる。

 そんな境遇の人をもう一人でも生みだしてはいけないと心に誓った体験でした。

 では、最後に

 【 今日の飛び込み体験の教訓 】
 
 1、どんな理由があろうと人の話を冷静に聞くことで
 いつかは、必ずコミュニケーションが取れることが分かった。

 2、ご縁をいただいた方には保険の内容チェックを薦めたいと思いました。特にお年寄りの方ですね。
 
 3、怖い体験のあとには、なぜか、さわやかになれることを知りました。

 以上になります。

 いかがだったでしょうか??

 ご感想いただけると嬉しいです。

 ちょっとの勇気を出して、ご加入されているものを担当者に再度ご確認してみて下さい。

 保障はいくらで、それが何歳まで続くのか。

 本当に一生涯、たとえば100歳でも同じ保障をしてくれるのかとか。

その保障を続けるために、総額いくらかかるのか??
総額を知らない方は多いですし、担当者も教えにくい部分です。

 そのちょっとの勇気が将来のあなたと、大切な方を守ることにつながります。

 本当に大切な方を守りたいと思うのであれば、すぐに行動に移して下さい。

 明日生きてる保障なんて、誰もしてくれないんですから。

 ご加入した当時の担当者がいない方(残念ながら多いと思います)や、
ネット経由でご加入された方は、第三者にご確認されることを強くおススメします。

 ただ、変えようと思ったときに不健康で変えられないという方も多いです。。残念ですが。。

 最後までお読みいただきありがとうございました。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。