為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俊輔退いた後から3得点で逆転勝ち!

 久々に面白い代表戦だったと思います。

 惨敗のオランダ戦からフォーメーションを変更して、4-4-2で臨んだ日本。

 事前の予想と異なり、ほぼオランダ戦と同じメンバー。名を連ねると思われた稲本・岩政はベンチスタート。結局岩政は最後まで使われなかったのが不可解でなりません。。CBのバックアップとして試すには絶好の機会だと思うのですが、ガンバの山口同様、お眼鏡に叶わなかったのでしょうかね??

 となると、またJリーグで新たな戦力を発掘するのでしょう。となると、菊地しかいないな(笑)

 前半、いい感じでボールが繋がるも、ゴール前の決定的な場面でボールを枠に飛ばせず、中盤の俊輔のミスから奪われたコーナーキックで、長友がハンドで相手にPKを与えて、先制点はガーナへ。

 いい形は作るものの、やはりフィニッシュの精度に難があり(ケンゴが絡んでる。。)、前半には追いつけず。
 
 後半早々に、GKの一本のロングパスからガーナFWの身体能力に中澤がチンチンにされ、2点差となりましたが、ケンゴがこぼれ球をようやく決めて1点差。

 その後、またしても同じようなロングボールを放り込まれて、都築の飛び出しも報われず簡単にかわされ、無人のゴールへ3点目が。

 ここで俊輔と今日初先発の前田を下げて、本田と玉田を投入。その前に長谷部と代わっていた稲本を含め、交代選手が逆転のきっかけを作りました。

 まずは玉田。角度の少ないところから積極的にシュートを打ち、サイドネットに突き刺さる2点目。イケイケムードの日本は、サイドに流れた稲本からのアーリークロスを岡崎がバックヘッドで合わせて同点に。さらにアフリカから中2日で飛んできた疲れもあるガーナを攻め立て、最後は稲本がペナルティエリアライン付近からゴロ弾道のシュート。これがゴール左端に決まり、5分間で逆転。

 最後は無難に守りきって、アフリカの強豪に逆転勝ちを収める結果となりました。

 ボールつなぎは前田が入ったことなのか、前回のオランダ以上にうまく回っていたように見えました。あとはフィニッシュの精度だけ。ここが世界と決定的な差です。

 サッカーと違うスポーツですが、テニスでも決定的なチャンスボールを確実に決めるのって難しいんですよ(^_^;) 決めないと!って一瞬でも思うと大概ミス。無駄な力が入ってしまうんですね。今日の代表もそんなシーンが散見されました。

 解決方法は、決めないと!っていうことを思わないよう、ひたすらフィニッシュの練習を繰り返すことしかないと思います。本番までに何とかしないといけないところですよね。

 今日凄いのは、長谷部・俊輔というレギュラー陣が退いてから逆転勝ちを収めたこと。

 特に稲本は1ゴール、1アシストでその存在を強烈に印象付けることに成功したのではないかと思います。

 俊輔が軸になるのは変わりないことでしょうが、俊輔がいないほうがうまくいくこともあるというパターンを見せられた試合でした。

 ケンゴがほぼフル出場だったので、これから帰りの飛行機に乗って、どこまで体力を回復させられるかが、鹿島戦のポイントとなりそうですね。
 
☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

 テニスの杉山愛が引退表明です。息の長い活躍をした選手でした。ダブルスにおいて世界ランキングで1位になったこともあります。ケガの多いテニス界において、グランドスラム(全豪・全仏・ウインブルドン・全米)連続出場最多記録62回は凄いことです。年数にして15年ですよ、15年。無事是名選手です。

 あらゆる競技を見渡しても、世界のトップでこんなに長い年月、コンスタントに活躍された日本選手は皆無のはず。

 引退は残念ですが、次は女性としての幸せをぜひ掴んで欲しいと思います。

 
コメント
お久し振りです。
タイトルに惹かれたのでコメントを残します。

ガーナ側の疲れなどの要因はあるとしても
結果論でいえば俊輔が退いてから、ですよね。

ただ日本側でいえば、
偶然ではなかったとみてます。

例えば、解説でも頻繁に使われてた「推進力」。
俊輔は決して推進力のあるタイプではないですよね。

時間帯、状況によって異なりますが
俊輔が絶対ではないと結果が示してくれた
試合だと思いました。


2009/09/10(木) 12:40 | URL | カイ #-[ コメントの編集]
ご無沙汰ですね。

俊輔がいないことが推進力を引き出す皮肉な結果に終わったことは、俊輔自身が一番気にしているのではないかと思っています。

昨日の試合を必ず見返すでしょうから、そこから俊輔が何を得るかで今後の日本代表の行く末が決まると思います。

本田がどフリーで無視されたのには苦笑でした。

まぁ、仲良し日本チームには受け入れられないでしょうし、双方に受け入れる心の余裕がなければ、世界レベルで戦う精神力は養われないでしょうね。
2009/09/10(木) 22:27 | URL | よっこ。♂>カイ #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。