為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の貪欲さに対する答え

 選手コメントでメンタルや気持ちがどうこう書かれていました。

 何が日本と違うのかなと考えていたのです。兵役制度や極端な学歴社会など社会的背景なのかなぁとかいろいろ思ったのですが、エルゴラにあるチョジェジンのインタビューでその答えがなんとなく分かったような気がします。

 以下、エルゴラからの引用です。

 「韓国の選手は、一つの試合で負けてしまったり、良いプレーができなかったりすると、悔しくてその夜は寝ることができなくなるし、変な言い方をすれば気がおかしくなるというか、どうしようもない状況になってしまうこともある。では次の試合はどうかというと、その悔しさを持って臨む。そうすると集中したレベルで試合に入ることができる。そういうところで日本人は少し弱いかなと思います。日本に最初に来たときに一番驚いたのは、ゲームに勝ったときも負けたときもチームの雰囲気が同じだったことですね。そこであるとき、『どうして負けたのにいつもと変わらないんだ?』とチームメートの一人に聞いたんですが、『これが日本のスタイルだ』という答えが返ってきました。本当は悔しいはずなのに、どうしていつもと同じなのかと聞いたら、『負けたことは早く忘れて次の試合に臨むんだ』ということだった。理解することは難しかったですが、日本のチームに来たわけなので、自分がチームのやり方に合わせていかなければいかないのかなと思いました。」

 韓国では高校時代に全国ベスト4に入らないと名門大学でプレーできないというシステムがあったそうです。プレッシャーのかかる場面での経験数が日本とは違うんですね。

 勝つためのサッカーに固執してしまう悪い反面も当然あるのでしょうが、究極の舞台、絶対に勝たなければならない試合という状況においては、そうした経験がモノを言う。

 昨日の試合はまさにそれが如実に現れたものだと言えるでしょう。

 今日のひとことです。

 人に負けてもいい

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 今日も一日頑張りましょう!!
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。