為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年と比べてみると、、

最後、ヒヤヒヤものでしたが、なんとか逃げ切って、1stステージは勝ち点30で終了。

終盤、プレスがかかると、すぐにボールロストに加えて、ボールホルダーに厳しくいけない。

ああいう圧迫されたシーンで、相手を交わして、パスをつなげて、相手ゴールシーンに至るまでを見てみたい、、というのは、贅沢ですね^^;

さて、1stステージが終了ということは、34節のちょうど折り返し。

レッズが17戦無敗と独走しましたが、2位のFC東京も勝ち点35と、例年なら優勝争いをするペースで勝ち点を稼いでいます。

2015年

1位 浦和   41 
2位 FC東京  35
3位 広島   34
4位 ガンバ  32
5位 川崎   30

2ndステージの初戦は、ホームでの多摩川クラシコ。

年間勝ち点数で差を詰めるためにも、2ndステージで上位に進むためにも、絶対に勝ちたい試合ですね。

参考までに、過去2年はどうだったかというと…。

2014年

1位 浦和 36  最終勝ち点 62 2位
2位 鳥栖 34         60 4位
3位 川崎 33         55 6位
4位 鹿島 27         60 3位
5位 広島 27         50 8位

2013年

1位 広島 36  最終勝ち点 63 1位
2位 大宮 36        45 14位  
3位 横浜 34        62 2位
4位 浦和 31        58 6位
5位 セレッソ 30      59 4位
 ・
 ・
7位 川崎 28        60 3位

ちなみに、2012年、優勝した広島の勝ち点は62。


今年の年間勝ち点1位は、70がボーダーラインになりそうですね。

となると、フロンターレは40が必要。

14勝以上で42以上。

12勝5分けで41。13勝4分け1敗で40。

ん~ハードルが高い数字ですけど、ミスせずプレスを交わせれば、可能な数字かと思います。

ミスせず、プレスを交わしていければ、、ですけどね。

レッズが急失速した場合、チャンピオンシップに出られるチームも増えるでしょう。


さてどこが最初にレッズに土をつけますかね??

2ndステージ、一番の注目点になりそうですね。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。