為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90分続かないなぁ。。

アウェー松本まで参戦された選手、関係者、
そしてサポーターの皆様、お疲れ様でした。

前半は人もボールも動くサッカーで圧倒しましたが、
後半は前半飛ばし過ぎのツケが出たのか、
相手の気迫にも押されて、防戦一方の試合。

なかなか90分通して、
やりたいサッカーができませんね。

風間監督が試合後インタビューで、

「途中から入った選手が全くプラスαになっていない。

 ボールを持つことをしなかった。
 奮起をしてもらいたい。

 90分サポーターにサッカーを見せられなかったのが残念。」

と、言っておりましたが、
交代の3人、特に健勇は流れに乗れず。

あのプレーだったら、そのまま船山を
残してアルウィンでの初ゴールのチャンスを
あげればよかったのに…。

でも、点がコンスタントに入って来ているし、
チャンスも多いし、これをさらに磨いて、
8月も全勝目指して頑張って欲しいですね。


他会場では、サンフレッチェの寿人がJ2時代も含めて、
12年連続の2桁ゴールを達成もあり、5連勝で独走態勢。

得失点差が大きいので、10月の
フロンターレとの直接対決までには、
その差を2以内には縮めておきたいところ。

また、前節の対戦相手、エスパルスがマリノスに逆転勝ち。

マリノスは8戦勝ちなし。
もしかすると、監督の進退問題が出てくるかもしれませんね^^;


Jリーグは東アジア杯のため、
2週間の中断期間に入ります。


日本の勝敗以上に気になるのは、
谷口の出場機会。


谷口はどれだけ試合で使われるかな〜。


ケガのないように、無事チームへと
合流できることを祈ります。
スポンサーサイト

1stステージのリベンジを

明日は、対戦相手のエスパルスに移籍した
テセの日本復帰の初戦。

まさか等々力で初戦を迎えるとは、
テセも思っていなかったでしょうね。


エスパルスには、リーグ戦2連敗中。


特に、1stステージの試合は、
守備が崩壊し、2-5と大惨敗。


1-2、2-3、と1点差まで
詰め寄ったのに、次の1点を相手に取られて
流れも取り戻せないままでした。


前回の対戦では、U-22代表のGK櫛引が、
高い位置にあった味方ディフェンスの裏に出たボールを
ペナルティエリアなんておかまいなしに、ことごとくクリア。


ただ、今回はリッキーが出そうなので、
前回のようなクリアはないでしょう。


フロンターレは、勇気を持ってパスを前に出せるか、

焦点はこの1点に尽きます。


横パス、後パスで逃げて、
挙句の果てには、それすらカットされて、
ハーフウェイラインより前に進めない、


そんな展開だけはもう見たくないものです。


キープレイヤーは、エースストライカーでしょう。


前回のレイソル戦、確かに彼にとっては
勇気を持って前に出さない、チームメイトに不満を
持った試合だったでしょう。


でも、決定的なチャンスを決められなかった彼が
前回の戦犯であることも事実です。


彼に色々と厳しい注文を付けられている若手たちは、
彼にどんどんボールを送り、彼が質の低いプレーをするなら、
反対に叱るような、そんな気合の入ったゲームを期待します。


さて、テセはGゾーンにやってくるのでしょうか(笑)

桐畑に負けた…。



相手は決定機2本。

こちらは何本あったんだか…。

ことごとく桐畑に防がれて。。

桐畑のセーブ力を超えられない攻撃力ということ。

んーレナトショックから解放されないな。。

チャイナマネーの手が…。

ブロゴラにこんな記事が。。

☆[川崎F]川崎Fに走った衝撃。レナト、広州富力への移籍が濃厚に

レナトがチャイナマネーで引きぬかれたそうです。

ありえない違約金を設定していたそうですが、レナト本人も中国でやりたいとのことで、ほぼ移籍は決定で、明日の鳥栖戦は出ないとのこと。

そりゃぁ、フロンターレサポーターとしては抜けて欲しくないですけど、本人の人生ですからね。

年俸も相当額なオファーだったんでしょう。

まぁ、違約金としてお金は残してくれたわけですし、レナトが抜けても、田坂がなんとかしてくれるはずです。

レナトの中国での活躍を祈ります。

大分銀行ドーム



2013年、ヨシトの劇的ゴール以来の大分銀行ドームに来訪ですを





これからここの会議室でセミナーです。

試合で来れるのは、今度はいつになるのかなぁ…。

2-0完勝!!



前半、短いパスがカットされ、
相手の長いパスが繋がるイヤな展開。

たくさん取られたセットプレーを耐えて、
前半0-0で終了。

後半、前半にボールを追い回していた
疲れが出たのか、フロンターレのパスが
繋がるように。

左サイド、小宮山の突破から、
エウシーニョのアウトサイドキックで先制。

勢いに乗るフロンターレは、
ゴール前突破を図るレナトが相手ファールで
止められて得たフリーキックで追加点。

その後も、大久保や憲剛や井川が決定機を迎えるも、
相手キーパー、権田の好セーブもあって、
追加点はならず。

一方で、後半のFC東京は1stステージで
チーム24点中10点を
取っていた武藤が抜けた穴が埋められず、
チャンスらしいチャンスもなく無得点。

結果、2-0で終了。

見事に1stステージの雪辱を果たしました。


欲を言えば、相手プレスに対して、
横や後ろに逃げる選択が多かったので、
もっともっと前に行って欲しかったな、と。


来週は、中3日でアウェーの連戦。


年間得点で上位に喰らい付くためにも、一戦必勝が続きます。
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。