為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルゴラの注目度最低の一戦に…。

今日のエルゴラの明日のプレビュー。

J1の9試合の中で、最も扱いが小さかったです。

まぁ、優勝もACLも降格争いもないから、仕方ないですね。。


ただ、そこに掲載されていた予想スタメンにはビックリ。

まさかまさかのあの選手を使うなんて…。

…って、スポニチに既に出ていますけどね。

ちなみに、予想スタメンには【稲本】の名前も。

暴走しがちな憲剛やヨシトを抑える存在としても価値があるはずなのに、ホントに構想外にしていいのか??

若手の出場機会が云々…言っているようですけど、その若手に世界の厳しさ、プロの厳しさを教え、そして乗り越えてもらう存在として、絶対に必要な存在だと思うんですけどね。
スポンサーサイト

こんなサッカーやるくらいなら…

スポニチに掲載されていた、大久保の発言。

☆大久保シュート0に怒り爆発「こんなサッカーやるくらいなら…」

「このサッカーに限界を感じている。こんなサッカーをやるくらいなら、パワープレーをした方がマシ。うまくはなるけど優勝はできない」

彼が指している【このサッカー】とは、風間サッカーを指しているのでしょうか??

ボクはそう思いません。

彼が言いたいのは、相手のプレッシャーに負けて、縦に勝負せずに、横や後ろに逃げるサッカーを指しているはずです。

【うまくはなるけど、優勝はできない】

そりゃ、ボールに触れる回数は増えますからね、うまくはなるでしょう。

でも、触れているだけであって、効果的な攻撃には繋がっていない。

相手のコートに攻め入るときは、わざとなのか、相手の守備が整ってから攻めていますからね。。


ボールを受け取ってから、空いたスペースを探すようなサッカーでは、そりゃ勝てません。


大久保が言わんとしていることは、たくさん動いて、相手の裏をかいて自由になり、どんどん縦にパスを受けていって、相手ゴールを攻め落とすのがフロンターレだって言いたいんだと思います。


雑守拙攻



ボールを受けたら空いたスペースを探し、見つからなかったら、バックパスか横パス。

いい時は、空いたスペースを作り、そのスペースにパスが出ていたのに…。

失点も、特に2点目は毎度よく見るようなセルフジャッジでプレーを止めて、風間監督の教え子、赤崎に決められるという。

鳥栖も勝ったことにより、これで3位はおろか4位も厳しい状況。

あと2戦。

本気の姿勢だけ見せて欲しいなと。

ヨシト残留決意!!

☆大久保 川崎F残留を明言、笑顔見せ「人生で初めてこんなに悩んだ」

返答期限である14日、ギリギリまで悩むかと思いましたが、残留という決意をしてくれましたね。

川崎のヨシト、来年も共に戦おう!!

パトリックがMVP

ガンバが2点差を跳ね返す逆転勝ちで、まず1冠。

前線のプレスは効いているし、後ろの守りも安定感あって、さらに攻撃も迫力満点。

MVPはフロンターレで輝けなかったパトリック。

まぁ、フロンターレが使いこなせなかったというよりも、ガンバの指導を受けて覚醒したっていうほうが正しいですね。

甲府でも活躍はしましたが、決定力不足は顕著でしたから。

パトリックの才能を見つけた強化部の目は正しかったですが、それを開花させるための指導ができないと、輝けるものも輝かないってことですね。

再来週、同じ舞台で優勝のかかるレッズとの大一番がありますが、Jリーグを盛り上げるためにも、なんとか勝ってもらって、できたら、3冠達成しちゃって欲しいと思います。

おっ、アジア枠をFWで使うのか??

フットボールチャンネルを見ていたら、こんな記事がありました。

☆川崎F、ACL決勝進出のウエスタン・シドニーから豪州人FW獲得を狙う

1ヶ月以上前の記事なので、発見できてなかったボクの情報が遅いだけですが…^^;

ヨシトが移籍を視野に入れていること、ヨシト・ユウ以外のFWの得点力不足解消など、フロントもいろいろと考えているんですね。

さてさて、そのヨシトはどんな決断を下すのか。

メンタリティやお金が足りないと出て行っても、メンタリティを植え付けると残ってくれても、どちらにしても、彼の人生の選択ですからね。

返答期限である10日後を信じて待ちましょう。

メンタルトレーニング後の成績

レッズが高卒ルーキー、関根のゴールで、マリノスに勝利したことにより、フロンターレの今年も無冠が確定しました。

7月をピークに、8月、後半初戦のレイソル戦で大敗してから、下降する一方の2014年となってしまいました。

他チームも研究してくるわけですから、その研究以上のサッカーを見せなければ、タイトルには程遠い。。

ここ最近、自分たちの実力が出せない、というコメントを多くの選手が発しています。


実力が出せない、というのは、メンタルに起因しているもの。

その弱さを知っているからこそ、9月18日にメンタルトレーニングを受けさせたんだと思います。

しかし、そのメンタルトレーニングを受けた9月18日以降の成績は、

2勝2分4敗。。

メンタルトレーニングの効果はないというのが、結果としてハッキリと出ていますし、何よりプレーにそれが現れてしまっている。

もし、メンタルトレーニングの効果が出ているのであれば、自分たちのサッカーができなかった、なんて言わずに、自分たちのサッカーをやり切ったのに、相手にそれを上回れてしまった、みたいに、自分たちの良さを認めるコメントが出てくるはずなのです。

でも、そんなコメントはないですよね。。

狭い局面でやっているので、選手を変えるのもなかなか難しい、そんな発言を監督jはしていましたが、ボクが選手に求めたいのは、まずは、全力を出し切る姿です。

その全力を出しきった上で、負けてしまったのであれば、相手を褒めるしかありませんからね。

結果は相手があることなので、コントロールできませんが、全力を出し尽くすというのは、相手関係なく、選手一人一人がコントロールできるものです。

そして、それをできるようにするためのトレーニングが、メンタルトレーニングであるはずです。

一人一人が全力を出せれば、相手がどんな戦略を取ろうが、相手にボールを触れさせることなくゴールまで繋げられる実力は持っているのは、7月までの戦いで証明されていることですから、やればできるんです。

風間監督が実現したいのは、相手関係なく、自分たちの全力を出しきってゴール数を増やすことなのでしょう。


優勝はなくなりましたが、ACL(プレーオフ)圏内の3位の可能性は、まだ残っています。


3週間でなんとか変わって欲しいと祈るのみです。

無惨な逆転負け

ため息しか出ませんね。

降格争いしているチームに、2戦連続の逆転負け…。

失点が全部軽い。

キーパーはホント、なんとかならないのかなぁ。。

好セーブもあったけど、最後の守備はなんであんな立ち位置なんだか。。

最後は大島のミスからのカウンターからの失点。

久々出場の井川も2失点に絡む散々な出来。

なんでこんなにメンタルが弱いのかなぁ。。

やってないって、監督は言うけど、それをやらせられない指導力にも触れて欲しいなと。

これじゃ降格争いを面白くするだけの引き立て役。。

チンタラボールを運ぶのもなんとか改善されないし、見ててワクワクしない。。

去年の今頃のサッカーのほうが、ワクワクしましたけどね。

残り3試合。

プロとしての本気を見せて欲しい。
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。