為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年最後のエルゴラにフロンターレの総括が!!

 落胆。


 エルゴラのフロンターレ総括の一言です。


 ACLで敗れる前までは4冠の期待もありましたが、結局は無冠に終わることとなりました。


 4冠獲れるところまで争えるほどにチーム力が上がった一方で、勝負弱さが改善できないままに終わってしまった一年をエルゴラがどう評価しているか、ぜひお読みいただければと思います。

 
 ちなみに、左面には鹿島の記事が。


 鹿島の一言が 【ライバル不在】。


 鹿島の欄なのに、フロンターレのことについて記述しているところがあるので、抜粋します。

 
 川崎Fは今年も無冠。終盤の勝負どころで最下位だった大分に敗れるなど、最後の最後で詰めの甘さを露呈した。鹿島にとって相性の悪いこのチームがタイトルを一つでも獲得するようになれば、最も手強いライバルとなるはずだ。しかし、会への取りこぼしがあるうちは、たとえ鹿島が川崎Fとの直接対決に勝てなくとも勝手に自滅していくことが続くだろう。


 というわけで、下位に取りこぼすようなチームはライバルに不適格とのこと。


 無冠とタイトルの差がこういうところにも出てきてしまうんだなぁと悔しい記事でした。。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
スポンサーサイト

移籍・残留・オカトーク

 養父や杉浦の移籍が発表となり、今朝の報知では久木野の移籍も記事になっております。


 来年はサテライトがなくなることもあり、若手が経験を積むチャンスがほとんどありません。


 3人とも高い才能を評価されながらも、その才能を開花させるだけの出場機会には恵まれませんでした。


 それぞれがJ2のチームで対戦することになりますが、ぜひとも新天地で輝いて戻って来て欲しいと思います。


 一方、契約が切れたタニと黒津の残留が決定。


 タニは同じポジションの稲本の加入次第によっては、出場機会が激減する可能性もあります。


 横山・田坂の成長もあった一方で、伸び悩んだ1年だったと思います。

 
 稲本を見て、プレーや経験を学びたいと言う謙虚な姿勢があれば、またスゴいタニが戻って来てくれると思います。


 黒津もオファーがたくさんあるだろうに、フロンターレ愛を貫いてくれて嬉しいですよね☆

 
 二人のますますの活躍を期待したいと思います。


 最後に昨日のオカトークについて、書こうと思いましたが、時間がないので、また改めて記載したいと思います。


 CWCの裏話、オカのサポーターに対する熱い気持ち、どうしようもない状況で俺にはこれしかないと、改めて感じたサッカーに対する愛など、普段の生活や仕事に活かせる面白い内容でした。


 余談ですが、韓国の選手はJリーグに憧れているそうです(笑)

 オファーがあったら、行きたいと思っている選手がほとんどとのこと。Kリーグにはない、あの盛り上がりのなかでプレーしたいという思いが強い選手が多いとのことでした。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

オカトーク

20091228190903
これからオカトーク@品川。

一列目はふろサポで占められています。

さてどんな話が聴けるのか楽しみです☆

当たり!!

20091227160202
一点的中☆


POG仲間に進呈です(^O^)

稲本、国内ならフロンターレ!!

 スポニチに出てきました~☆

 ☆スポニチ 稲本決断!国内なら川崎F…大宮断った


 あとは移籍金の問題のみ。ですが、オファーを出せるだけの資金はちゃんとあるから、オファーを出しているわけで。


 1円単位で厳しく管理する武田社長(※)ですから、その資金も計算ができているはずです。


 ケンゴがいるというのも、決め手だったんでしょうね。いやぁ~ウキウキしちゃいます☆


 ※天野氏講演会で、天野氏が自分の企画を社長に提出したところ、1円単位で予算を見られて、ダメになったという苦笑話から。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

養父、甲府へ移籍内定?

 山梨日日新聞のウェブサイトに養父の移籍記事が載っていました。

 ☆山梨日日新聞 VF甲府 新陣容固め急ピッチ J1から3選手加入内定


 25日までに川崎のMF養父雄仁(25)、神戸のDF柳川雅樹(22)の加入が内定。2人以外にも、今季J1チームに所属したベテランSBや、柏から愛媛へ期限付き移籍していたGK加藤慎也の加入もほぼ決まった。
 豊富な運動量で攻撃、守備の両方の役割をこなす養父は「ゲームコントロールができる選手」という内田監督のリクエストに合致する選手。日本代表MF中村憲剛の後継者として注目を集めた有望株で、中盤のキーマンとして期待がかかる。


 
 豊富な運動量かどうかは疑問が残るところですが、昨日のファイフロ(※)を見ていると、高いセンスの持ち主だなぁというのを改めて感じました。


 ヘナのスルーパスやガンバ戦での得点はお見事。あのパスセンス、シュートセンスをコンスタントに出せるようになれば、フロンターレのレギュラーとして活躍してもおかしくない実力は持っています。



 実際、初夏の頃はスタメンに入っていたわけですしね。


 あとはメンタル。甲府と静岡の島田市はキョリが近いので、日本一のメンタルトレーナーの指導でも受けてきたら、本物が覚醒するでしょうね。

 おそらくレンタルでの修行ということになるのでしょうが、甲府で結果を出せなければ、帰宅の切符は用意されないでしょう。

 
 毎試合出ることで、そのセンスに磨きをかけて戻って来て欲しいと思います。


 (※)ファイフロ、なぜか足立区でTVKが見られるようになっておりました~。突然見られるようになっていたので、驚きでした。

賞金で(施設を)建て替えるくらいの気持ちでやりたい。

 村上移籍の一因となった、マリノス・小宮山加入の仮契約が交わされたとのこと。

 ☆カナロコ DF小宮山と仮契約/フロンターレ

 メディカルチェックを受けてから、正式な契約となるとのことですが、まぁ問題ないでしょう。

 
 小宮山は交渉後、クラブハウスや練習場などを見学。充実する横浜Mの施設とのギャップに苦笑しつつ、「賞金で(施設を)建て替えるくらいの気持ちでやりたい。チームの優勝に貢献し、代表に入ることも目標としたい」と頼もしかった。


 そりゃぁ、マリノスの施設に比べると、どこのチームも見劣りしますよねぇ。

 
 賞金で施設を建て替えるくらいの気持ちで!!という意気込みがいいですね♪


 エルゴラはJユース、レッズ・FC東京の振り返りでした。


 フィンケ監督が闘莉王との件について、軽く語っています。


 日本のマスコミへの苦言といった感じですけどね(^_^;)


 鹿島がサブメンバーの流出が止まりませんね。山形に田代と増田がレンタル移籍とか。


 オズさんはスタメンを固めてしまうので、どんなに頑張ってもチャンスが与えられないという雰囲気が強いんでしょうねぇ。。

 
 鹿島は幸か不幸か、代表招集が少ないので、若手やサブのメンバーにチャンスがなかなか回ってこない。


 チームとしては、スタメンと同じレベルのサブメンバーを用意したい、一方で選手としては、当然試合に出たい。

 
 その葛藤をうまくマネジメントできるチームが今後勝ち残っていくんでしょうね。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

村上、移籍決定…。

 村上が大宮へ移籍することが、本人のブログで発表されました。

 
 相当迷いに迷った決断だと思います。


 加入してからの3年間フル稼働していても、チームは彼を弱点として、新たな選手を獲得しようとしています。


 その選手が入ってきたら、またレギュラー争いに勝ち抜かねばなりません。


 一方で、移籍先のチームから出された条件は、ウワサに聞く限りだと、年棒が倍増・スタメン確約の条件とのこと。


 移籍を決めたのは、お金じゃないんでしょうね。


 たぶん、チームの彼に対する評価に納得がいかないのでしょう。


 サッカー選手である以上、一秒でも長くピッチに立ちたいだろうし、さらに残り少ない現役生活を考えると、彼の選択は、プロとして間違ったものではありません。


 でも、サポとしては一緒に優勝を喜びたかったなぁ…(>_<)

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

エルゴラはU-20

 というわけで、土曜日に行われたU-20の韓国×日本のレビューが中心になっています。


 ノボリ君がメンバーに入っていませんでしたが、他の選手はチームでレギュラーを張る選手ばかりなんですね。


 このチームに加わるには、まずチームでレギュラーを獲得すること。これが最低条件となりそうです。


 いやぁ、厳しいかもしれませんが、彼の才能や素直な人柄なら、それは高い可能性を秘めたことですよね。


 稲本移籍について、賛否両論ありますね。


 ワタクシは賛成派。理由は、、

 
 同い年だから!!


 単純ですね(;一_一)


 つい5年前を振り返ると、翌年のJ1昇格にウキウキしていましたよね。大物選手が入ってくるとかそういう話はありませんでした。


 それが今や、稲本移籍で資金がどうこうとか言えるくらいチームが成長してきたということ。


 これが何とも感慨深い。入る入らないにも関わらず、こんな話ができるなんて、それだけで凄いと思うのです。


 2003年以前のことは関わっていないので、何も書けないのですが、今回の補強の話、実現すればチームに大きな変革をもたらすと思います。


 それが凶と出るか吉と出るかは、選手次第。


 サポとしては、どんなチーム状態でもただひたすら、チームを信じて応援するのみです☆


☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

稲本へオファー!?

 加入が実現したら凄いなぁ~(^-^)

 ☆報知 川崎が稲本獲り!正式オファー、大宮と争奪戦
 ☆スポニチ 初タイトル切り札に!川崎Fも稲本獲り

 もし、実現したらタニの居場所がなくなるような。。

 逆に発奮して、新たな一面を発掘するかな??FW転向とか。

 大宮もオファーを出しているようで、資金面では圧倒的に不利。

 タイトルに近いチーム、ACLがある、W杯に向けて目立つチームでプレーする…お金以外なら全て勝っていますが、果して移籍は実現するのか??

 これが実現したら、来季はウキウキ度がさらに増しますね☆

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

20分で決断!

 ツトさんと20分で監督就任の商談が終わったそうです。


 新体制発表会まで時間がないこの時期ですし、オファーできる人物もツトさんだけですよね。

 
 左SBもマリノスから小宮山が加入との報道が出た一方で、今季の左SBの村上に大宮がオファーを出しているとか。


 ツトさん体制となって、契約を決めかねている選手たちの動向が気になります。


 エルゴラはU-20の韓国戦の話題や、渡邊一真などのインタビューで読み応え充分です。


 セキさん辞任の記事は小さく載った程度で終わっています。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

いつかは来る終わり。

 関塚監督の辞任が発表されました。


 非常に残念ですが、悩みに悩んで決断されたこと。


 その決断を尊重し、心から送り出したいと思います!!


 一緒にタイトルを獲った瞬間を喜びたかったですね。

 
 いつかは来る終わりが、いま来ただけのこと。


 関塚フロンターレの時代が終わっただけで、フロンターレというチームがなくなったわけではありません。


 来季のことを考えると、期待より不安の方が大きくなるでしょうが、まだ来ていない近い将来を考えて、不安になるより、いまできることに集中したいと思います。


 フロンターレを応援するのに、理由はいらない。


 どんなチーム体制になっても、たとえ優勝を狙えない陣容になっても、フロンターレ愛で応援していきます。


 あと、補強でいいニュースが出ているようですね。マリノスの小宮山を獲得とかなんとか。

 
 フロントはちゃんと水面下で動いていますよね。次期監督についても、早々に動くことでしょうし、フロンターレの指揮官になりたいと言う人は多いはずなので、すぐに決まるのではないかと思っています。


 ツトさんが最有力なのかもしれませんが、ここはリスクを取って、新たな血を入れて欲しいかなと思います。


 欧州へ帰ったフロンターレ好きのおじいちゃんなんて最高なんですけど。ダメかなぁ。。



 監督が変わることで、また新たなフロンターレが生まれます。


 誰が来るのか、どんなフロンターレになるのか、ウキウキワクワクしてきますね☆


 チーム編成のことはサポーターには何もできません。フロントに文句があるなら、チームが信頼できないなら、サポーターを辞めたほうが、無駄なストレスも溜まらないと思いますが、いかがでしょうか??


 本当にチームのことを愛しているなら、どんな決断が下されてもそれを支持するのが、サポーターだと思います。


 フロンターレのことは心配ですが、フロンターレの試合に駆け付けられるのは、いまのお仕事があるからなわけで、思いを巡らす時間があるなら、そちらにそのパワーを注力したいと思います。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

辞任も??

 来季監督が決まらない状況に陥ってるようですね。。

 ☆サンスポ 川崎・関塚監督、辞任も…契約交渉まとまらず
 ☆スポニチ 無冠ショック消えず…関塚監督は進退保留
 ☆報知 関塚監督が続投要請を保留…川崎

 優勝を逃したことに責任を感じているのでしょうね。

 
 監督交代論をお持ちの方も多いようですが、監督が変わればチームは崩壊すると見ています。

 
 タイトルは程遠くなってしまうでしょう。。


 昨年は途中退任ということがあったので、それを心の支えに頑張れた部分があります。


 最初から監督が変わると言うことになれば、話は別。


 なんとか続投して欲しいと思います。


 エルゴラは、エルゴラアウォーズの発表です。MVPは意外な選手でした(^-^)


☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

妥当な敗戦。またもタイトルに届かず。

 今朝のエルゴラのフロンターレ記事のタイトルです。


 書かれていることは至極ごもっとも。


 こんな展開になってしまった原因がどこにあるのか??


 これが解決されなければ、来年もタイトルまであと一歩で終わると思います。

 
 13面にある六川さんの記事。


 優秀主審賞を受賞した西村さんについて書かれています。


 なるほどぉ。。とうならせる視点でした。


 最終戦でのPKジャッジは六川さんから見れば、間違っていない。


 その理由は…ぜひエルゴラで確認してみて下さい。


 この記事だけでも150円以上の価値をいただきました。


 狭い視点で見ていないか、色眼鏡で見ていないかどうかを問いかける必要があるなぁと思います。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

最後までフロンターレらしく。

 今日は仕事のため、生放送で見ることができず、先ほど録画を確認しました。


 現地で応援された皆様、ありがとうございました☆ 

 そして、お疲れ様でした。


 村上のゴールが入ったときには、ナビスコの準々決勝が再び!!と思いましたが…。


 2009年の戦いは終了しました。

 
 結果、タイトルには手が届きませんでした。

 
 足りないモノがある。素人のワタクシにはサッカーの戦術のことは分かりません。


 選手層も厚くなった、サポーターも増えている。2位という結果も出している。


 冒険しながら、チャレンジしながら、失敗しながら、傷つきながら、答えを創っていくしかないのでしょう。


 来年こそは、、必ずてっぺんに!!

 
 1年間、お疲れ様でした♪

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

天野氏講演会中

20091211195526


学生向けのスポーツマーケティングのお話ですが、他業界でも生かせる色々なヒントが出て来ます。

 聴講数はゆうに100人を超えています。

 スポーツマーケティング業界で働きたいと思う学生が多いんだと思います。

彼のマーケティングは、目のつけどころが鋭いです。

 キャッチフレーズは37,38歳のツボを狙ってるそうですよ、pikoさん、たつパパさん(笑)

 プロモも全部、天野氏が作成しているそうです。

 予定外に作らざるを得なかったものもあったそうですが(笑)

 まだまだ講演は続きます。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

サカつくやりたいなぁ。。

 仕事柄、電車での移動が多いんですが、周りを見渡すとPSPを持っている人が多いですね。

 いまも移動中。
 
 混雑時などは画面が目に入ってくるのですが、ほとんどの人がサカつくをやってます。

 皆藤愛子ファンとしても、このゲームを手に入れたいのは山々なのですが…。

 やり始めると仕事が疎かになるのは分かっているので、なんとか理性で止めています。

 サカつくのHPには、やりたくなるような仕掛けがたくさん施されています。

 オシムが出てきたり、隠し選手が出てきたり、そして何より現役女子タレントが出てくるのがいい!!

 特に愛ちゃん。後輩なんで、応援してるんです。

 最初はJ2から初めて、最終的には世界制覇、そしてまだその先があるという何ともやり甲斐がありそうなゲーム。。

 ん~~この欲望に負けると、自分に負けることになるので、敢えてここでやらない宣言を出してみました。

 目標達成したら、ご褒美にやろうかなぁ…。

 夕方、母校で行われる天野さんの講演会に行ってきます☆

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

川島が1面を飾る!!

 おはようございます。


 今日のエルゴラは川島が1面ですよ~。

 
 明日の天皇杯のプレビューでは、1~3面がフロンターレ×ベガルタに使われております。

 
 ベガルタとの対戦は2004年以来。

 
 このときのアウェーは2戦とも勝てておらず、関塚監督になってからは勝利のないスタジアムとのこと。


 J1準優勝チームに、J2優勝チームが挑む構図。実力的には当然、フロンターレが優位。


 その実力差を跳ね返すだけの勢いとサポーターがベガルタにはついています。


 ジュニが肉離れで離脱とさらに厳しい戦いを強いられることになりますが、黒津には絶好のチャンスが回ってきたということになります。


 残念ながら現地には行けないのですが、勝利の念は仙台へ送らせていただきます。


 雨の金曜日となりました。2009年も残り19日。

 
 エルゴラの右上に大阪桐蔭高校の高須クンの入団内定の記事がありますね。

 
 仮契約も交わしたと書かれています。


 スピードとテクニックが武器のレフティーとのこと。将来の左サイドバックでしょうね!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

和の十一傑

 エルゴラの一面は今年のベストイレブンが一堂に会した写真。

 
 フロンターレからはケンゴと川島が選出。


 川島はフェアプレー賞も受賞とその功績が高く評価されました。


 ベストイレブンの中で34試合フル出場した選手が二人。一人は川島。

 もう一人が。。

 得点王の前田。

 ケガがちのイメージがある前田ですが、今年はフル出場だったんですね。

 
 日本代表は、MVPと得点王がいないという不思議不思議が発生したことになります。


 8~10面にあるホーム最終戦特集。

 
 別れの記事ばかりです。

 心暖まるお別れができた選手がいる一方で、何の挨拶もできないままにチームを去る選手もいる。

 本当に選手を大切にするクラブなのかどうか、こういったところにその本質が表れていると思います。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

山岸移籍決まってたんですね。。 byカナロコ

 移動の合間にフロンターレ情報を集めてたら、こんな記事が。。


 ☆カナロコ MF山岸がJ1広島へ、1年間の期限付き移籍/フロンターレ


 【試合に飢えているし、こういう状況は受け入れられない】


 そうだよなぁ。。いい動きをしていても、チームメートからパスが出ない。スタメンを勝ち取っても、途中交代。亜挙句の果てにはベンチ外。


 山岸にとっては辛い一年になったと思います。この辛さをバネに新天地での活躍を期待します。


 期限付き移籍というところにひっかかるのは、ワタクシだけでしょうか…。

 
 あと、ユースケは契約延長も期間は半年だけみたいですね。

 ☆カナロコ 来季の戦力外選手なし、森に半年契約提示/フロンターレ

 この半年でまた何かがあったら、その時はもう庇いきれないということなんでしょうね。

 
 地方紙のほうが情報早いですね(*^。^*)

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

ユースケ、クビを免れた??

 エルゴラは鹿島の話題で一杯です。


 優勝と準優勝の違いは大きいですね。。【一回でも優勝を経験すれば、一気にこのチームは変われるはずだ】と書かれていますが、その一回に手が届いていないからもどかしいわけで(^_^;)


 残り3つ勝てば、タイトルに手が届きます。

 
 もう一度、ゼロから絶対に掴み取ってやるという気持ちで、ただガムシャラに臨んで欲しいと思います。

 
 で、スポニチにこんな記事が出てました。


 ☆スポニチ ナビスコ杯で“悪態”森はクビ免れた

 
 チームとしては態度が変わっていないようだったら、クビも想定していたんですね。


 いい選手だと言うことはどこのチームも認めていても、フロンターレ以外では生きる道はないと思うので、この決定はユースケの選手生命を伸ばしてくれたとも言えます。


 吉原以外には全員に来季契約更新の提示を行ったということも書かれています。

 
 となると、誰かが他チームに移籍の場合は、レンタルか移籍金をいただいてのことになるということ。


 天皇杯と同時に、ストーブリーグが過熱してきます。


 来季はW杯の影響もあって、ACLの開幕がリーグ開幕前と言われております。

 
 新体制発表も1月10日と早いです。水面下では着々と来季の準備が整っていると思われます。


 誰が入ってくるのか、楽しみですね。


 今週も張り切っていきましょう♪


☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

最後までワクワクさせてくれてありがとう☆

 まず初めに。

 鹿島アントラーズの選手、関係者の皆様、サポーターの皆様、優勝おめでとうございます。

 リーグ戦優勝は、一発勝負のトーナメントと違い、1年間戦い通しての結果。

 しかもこの混戦の時代に3連覇。

 凄いことです。本当におめでとうございます。

 天皇杯で直接対決して、2009年の決着をつけたいです。

 その凄いことを阻止しようと最後まで頑張ったフロンターレ。

 最後の最後までワクワクさせてくれました。

 これだけでもワタクシは充分にフロンターレに感謝です。

 優勝してくれればもっと嬉しかったのですが、こうやって最終節まで優勝争いに絡められるサポーターは、今年で言えば、アントラーズとフロンターレのサポーターだけでした。

 リーグ戦は終わりました。大分戦やホームでのアントラーズ戦など悔やんでも過去に戻ることはできません。

 この準優勝はいつか優勝する時の感動をひと際大きくするためのもの。

 まだ天皇杯が残っています。

 まずは、J2優勝チームのアウェー。ここを難なく突破して、王者への挑戦権を得ましょう☆

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

最終節の朝+W杯組み合わせ決定!!

 足立区はスッキリとした青空が広がっております。


 このまま試合終了まで晴れ続けて欲しいのですが、さてどうでしょうか。


 泣いても笑っても今日で全てが決まります。


 最終節まで優勝争いしているチームを応援できることに深く感謝です。


 まずは勝つこと。勝たなければ相手チームの結果なんて関係ない。


 レイソルも降格は決まったとはいえ、来季の再スタートを切るホーム最終戦。

 応援してくれたサポーターに報いるためにも、絶対に負けない気持ちで臨んでくるでしょう。


 選手たちに望むことは、この状況をとにかく楽しんで欲しいということ。


 楽しむ余裕があれば、脳がリラックスした状態ですから、いつもの力を発揮することができます。


 鬼門がどうこう言われてますが、そんなの気にすることもない。


 為すべきことは相手ゴールにボールを入れて、自陣ゴールにボールを入れないこと。


 選手たちはきっとやってくれます☆

 
 さて、W杯予選リーグの組み合わせ抽選が行われましたね。


 日本はオランダ・カメルーン・デンマークと同組。


 なかなかの強豪国が揃いましたね。初戦はカメルーン。日本でやったときには快勝した相手ですが、そのときはエトーをはじめ、主力選手がいなかったので、まぁ参考にはなりませんね。


 2戦目はオランダ。9月の遠征時には後半にボコボコにされましたが、あの敗戦がたくさんの克服すべき課題を残してくれましたよね。あそこまで簡単にやられることはないと思います。引き分け以上に持ち込みたいところですね。


 デンマークはポルトガル・スウェーデンを抑えての堂々の1位突破。あまり強豪というイメージはないですが、世界ランクも日本より上ですから、当然リスペクトしなければなりません。


 W杯ベスト4を掲げる岡田ジャパン。全ては初戦のカメルーン戦ですね。ここで快勝して、オランダに臨み、引き分け以上に持ち込めば、予選1位も見えてきます。

 
 楽観的ですが、何が起こるか分からないのがサッカーの面白いところ。


 ワタクシは日本のベスト4を信じて応援します。


☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

12冠vs無冠 有終はわれらにあり。

 今朝のエルゴラのタイトルです。


 一面の上段には小笠原、下段にはケンゴの写真が掲載されています。


 一枚めくると今年の2チームの歩みが両面にわたって掲載。

 
 フロンターレの1年は、BLUE MAGAZINEさんが作った以下の動画で振り返ってみて下さい☆

 この1年が走馬灯のように駆け巡り、思いだされます。



 う~ん、今年も1年いろいろとありましたね。


 リーグ戦は明日で全ての決着がつきます。


 原因はいじれるけれど、結果はいじれない。


 最良の結果を生みだすために、できることに最善を尽くしましょう♪


 仕事が手につかないかもしれませんが、選手たちも明日に向けて精一杯なはず。


 我々も精一杯仕事に取り組んで、スッキリと明日に臨もうではありませんか!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

山岸移籍??

 今朝のスポニチや報知の記事で出てきましたね。

 ☆スポニチ 山岸 広島に移籍も…最終節終了後最終交渉へ

 ☆報知 川崎の元日本代表MF山岸を獲得へ…広島

 駒野の獲得を資金難で諦めたことによる白羽の矢ですね。

 今季途中までは先発出場をしていましたが、ヘナにポジションを奪われると、いまはベンチに入ることもできていない現状。

 個人的には山岸先発⇒ヘナのパターンが、今季一番強かったと思っています。

 元日本代表まで上り詰めた選手としては、出場機会を求めるのは当然かと思います。

 ただ、期限付き移籍というのがどうなんでしょう。

 あと、佐原が復帰という記事も、ブルーノ退団の記事の中にありましたね。

 来季は今季以上に厳しい日程になるので、現状ベースにさらに上積みをしたい思惑があると思います。

 不動のレギュラーだったタニですら、調子が悪いとベンチスタート。

 ホント選手層が厚くなったと思います。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

チームを去る選手のホーム最終戦

 今日のエルゴラの特集です。

 
 フロンターレの話題は残念ながら皆無。


 いや、一面に小さな写真が掲載されていますね。


 あっ、スカパーの鬼武チェアマンのインタビューでフロンターレの名前がちらほら出ていますね。


 彼の印象に残った試合ということで、再試合・雨中断前までの試合・ナビスコ決勝を挙げています。


 全部フロンターレ絡みですね(笑)


 鬼武さんはフロンターレのサッカーが好きなんですよ。


 だからこそ、あの表彰式の態度が許せなかった。そう捉えたいと思います。


 で、チームを去る選手のホーム最終戦。


 磐田ゴン中山・セレッソ西澤など思いのこもった記事が掲載されています。


 フロンターレの話題は乏しいですが、読む価値は充分あるエルゴラです。


☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。