為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルゴラは充実してます

 1~3面は鹿島×ガンバのマッチレポート。


 フロンターレのマッチレポートは4~5面に。


 コラムでは江藤氏が【スタジアムがガラガラだった時代から】というタイトルで、サポーターについて取り上げてくれています。


 フォーカスではフォーメーションのチェンジと得点シーンの解説が。


 ただ、写真がモノクロな上に、大きくて記事が少ないというのは相変わらず(^_^;)


 降格柏のマッチレポートなど読みごたえは充分なエルゴラです。


 すみません、時間がないので、簡単に失礼いたします。

 
 土曜日を気持ち良く迎えるため、気合い入れて仕事やり切っちゃいましょ~♪


 選手たちは死に物狂いで練習するはずです。


 だったら、サポーターの我々も彼らに負けないくらい死に物狂いで仕事をやって、土曜日に臨んでやろうじゃありませんか!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
スポンサーサイト

決着は最終節!!

20091128171742


鹿島がガンバに大勝したものの、得失点差は追い付かれず。


次節フロンターレの勝利は絶対条件、鹿島引き分け以下なら、逆転でフロンターレが優勝☆


レッズサポの友人から、絶対に埼スタでは胴上げさせないと頼もしいコトバをいただきました。


二年連続最終節まで、優勝の可能性があるチームを応援できることに感謝です。

等々力で、勝つ

 今朝のエルゴラのフロンターレ面の見出しです。


 敗戦から6日。


 その間、サテライトで矢島がまた肉離れで離脱、新型インフルで薗田と養父が離脱と、チーム状態は決して良くありませんね。


 また、メンバーにも変更があるようで、スポニチによると、周平・田坂・ユースケがスタメンで出るとのこと。


 菊地・井川が外れるのは分かるのですが、ボランチは横山とタニとどちらを外すのでしょうか??


 タニのパフォーマンスが落ちているので、タニなのかなぁ。。


 メンタルについて言及されている方が多いようですね。


 ワタクシはこれには触れられません。


 だって、日本一を争うような経験をしたことないですから。


 選手たちは日本一を奪取するため、想像のつかない練習をしているはずです。


 じゃあ、自分は仕事で日本一になるため、努力しているか?と問われれば、できていないと答えます。


 選手たちが優勝した時のシーンをはっきりとイメージできるかどうか。


 勝負どころで弱いというイメージを持ってしまっていたとしたら、これは厳しいです。


 なんにせよ、優勝争いできているこのチームを応援できることに感謝です☆

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

エルゴラは読みごたえ充分。

 試合のない日のエルゴラは、写真を使えないので、情報量が一杯。

 
 充分な時間がないとじっくり読むことができません。


 残り2節なったリーグ戦。注目は優勝と残留。


 優勝は鹿島・フロンターレ・ガンバの3チームに絞られ、

 残留はミラクル柏がもしかしたら逆転するんじゃないかという勢いで、連勝を続けています。


 泣いても笑ってもあと2節。


 これ以上はできないという限界点をもう一歩越えたところまで、自分たちを追い詰めたチームが最終的な結果を得られると思っています。


 タイガーウッズは、勝利を期待される自分であるために、世界中のだれよりも努力しているそうです。


 世界一の選手が世界一の努力をすれば、追いつくことが難しい。


 遼クンもその努力は半端ないとのこと。

 ひとつも適当に済ませることはないそうです。

 自分の使った部屋のベッドメイキングまで気を配るんですって。


 逆に予選ギリギリの選手が、一番練習しないそうです。


 勝手に限界点を作って、そこで辞めてしまうんですって。


 【これ以上やったら、コンディションが悪くなるから…】とか理由をつけて、練習しない。


 だから、予選が通らない。(でも、予選に出られるだけでも凄いことなんですけどね。)


 日本一を目指す選手たち。


 どのチームの誰よりも自分は練習していると胸を張って言える選手がどれだけいるのか。


 フロンターレの選手は、その点どうなんでしょうね??

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

あと2試合あるんだって!!

 現地まで行かれた皆様、本当にお疲れ様でした(^o^)丿

 
 ただいま映像確認終了。最後、なんとか1点もぎ取った~と思ったらゴールバーの上。


 素直に大分がフロンターレより強かった。それだけです。


 本当に優勝する実力がないことを大分は教えてくれたのです。


 試合終了時の選手の姿、痛々しかったですが、まだ終わったわけじゃない。


 鹿島が残り2連勝するかなんて分からない。


 しかも次は鹿島とガンバの直接対決。

 フロンターレの勝利は絶対!

 これでガンバが勝つようなら、また首位に返り咲き。もしくは引き分けに終わっても、広島戦の7点が効いてくる。

 
 まずは体調を整えることですね。


 今日は寒さのせいなのか、運動量も今ひとつでした。


 笑っても泣いても残り2試合。ここに全てをぶつけましょう。


 出し切って出し切って出し尽した上で、鹿島に優勝を持っていかれたら、それは仕方のないこと。


 先のことを考えるよりも、いまできることに最善を尽くす。


 これしかないです!!


☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

一番注目の試合は…。

 J1もJ2も残すところ3節。


 この3節で今年の全てが決まってしまいます。


 J1は優勝争い、ACL出場権争い、残り一つの降格枠を巡っての争いが激しさを増し、J2は残り一つの昇格枠を巡っての直接対決が行われます。


 エルゴラで一番記事が充実している試合が、昇格枠を争う甲府と湘南の直接対決。


 仙台×セレッソというJ2優勝争いも含め、他のJ2の試合が4~5行のプレビューなのに、この試合だけは紙面が両開きで充実しています。 

 
 昇格のために戦ってきた1年。その集大成ともいえるこの試合での結果が、そのまま昇格につながることでしょう。

 
 チケットは早々に完売しているそうで、この試合は普段両チームを見ない方にも手に汗握る展開が楽しめると思います。


 フロンターレの記事は、関塚監督が2年連続退場しているとか、勝ったことがないとか、悪いデータを取り上げてくれています。


 データはあくまで過去の結果ですから、それがそのまま当てはまることも少ないわけで。。

 
 ケンゴのケガも癒えて、どうやら出場ができる模様。

 
 フロンターレだけでなく、鹿島もガンバも、今節は各チームにおけるアウェーの鬼門での試合となるそうです。


 フロンターレが勝って、鹿島・ガンバが引き分け以下だと、次節にフロンターレの優勝が決まることも考えられます。


 残り3節。


 ひとつの引き分けも許されない緊張した戦い。ドキドキ感を楽しんでしまいましょ~♪


☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

エルゴラ記者の優勝予想は??

 今日のエルゴラは香港戦のレビューとJ1終盤特集がメイン。


 その終盤特集では、各チームの担当記者が優勝予想を出しているのですが、

 そのほとんどが首位のフロンターレではなく、アントラーズを押しています。


 王者の経験というところを評価しているんでしょう。


 言いたいやつには言わせとけ!というわけで、気にせず、目の前の一戦一戦に集中です。


 仙台の手倉森監督のインタビューやら、ライターさんたちが南アフリカについての対談など、

 読みごたえは充分です。

 
 エルゴラのスタメン予想、GKが川島ではなく、西川になっているんですが、

 フルメンバーを公言する以上、それはないよなぁ。。と疑問を感じました。


 すみません、時間切れなので、この辺で失礼させていただきます。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

予想通りとなんというか。

 天皇杯のスケジュールが発表されました。

 ☆天皇杯 スケジュール

 フロンターレはアウェー・ユアスタに殴りこみの一戦となりました。

 チケット発売は来週の土曜日。これは争奪戦になりそうですね。

 う~ん。。。難しい選択が迫られそう(>_<)

 今回は全試合、どちらかのホームゲームでの開催となってますね。

 勝ちあがったら、国立。相手はアントラーズかガンバ。

 どちらにしても、国立で辛酸を舐めさせられている相手。

 元旦まで厳しい戦いを強いられますね。

 その前にまずはリーグ戦に全集中です♪

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

おはようございます~♪

 昨日は勉強会のために、横浜へは参戦できず。

 帰宅後に録画で試合を確認。

 ケンゴがいないとボールが回らないなぁ~と思うのはナビスコと同じ。

 それでも勝ってしまうところに、マリノスとの相性の良さ、マリノスの決定力不足、フロンターレの勝負強さが出ていた試合だと思います。

 矢島が決めてくれたのは嬉しかったです~☆

 ケガ続きで思うように活躍できずに苦しんでいたと思います。

 それがこの最後の最後に来て復活。

 川島も南アフリカで活躍してましたし、あとはケンゴのケガの回復具合のみ。

 リーグ優勝のためにも、なんとか戻って来て欲しいものです。

 すみません、時間がなくてエルゴラの情報は載せられません…。

 代表&天皇杯のレビューです(>_<)

 次は仙台ですね。場所はユアスタになるような気がしてなりません。

 もしそうなったら行きたい!!と妻に言われるはず。

 だけど、その日は既に用事がぁ・・・。むむむむむむむむ。。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

エルゴラは代表と天皇杯

今日のエルゴラは、明日の代表戦と天皇杯のプレビューandレ
ビュー。

マリノスは突然の監督交代や五度目のフロンターレとの対戦に、モチベー
ションが上がらない選手がいるとの記事が載ってました。

そうであっても、マリノスの選手たちの潜在能力は、みんな代表級。

ケンゴと川島を欠くフロンターレにとっては、格上の相手と思わないと、
相手のホームで飲み込まれてしまう可能性が充分にあるかと思います。

キーマンは木村になるのでしょう。

ケンゴのケガが診断より重いとの記事が出ています。

残りのリーグ戦のためにも、彼がどこまでやれるかが、タイトル奪取への
カギとなるでしょう。

残念ながら、現地へは行けないのですが、勝利の念を送り続けます!!

エルゴラの表紙はサカつく!

 昨日に引き続き発売となるエルゴラは、明日発売のサカつく6の宣伝を一番上に持ってきています。

 本当の一面は日本代表ユニフォーム。

 さらに進めていくと日本代表特集や千葉の降格、セレッソ・仙台の昇格の記事が。

 フロンターレの記事はほとんどないのですが、読みごたえは充分ある内容でした。

 話変わって…。

 5000万円については、Jリーグ側が返還に応じなかったんですね。

 社会貢献や選手教育に使って、その使途を報告するとのこと。

 迅速な対応に反省が見られたということでの処置となったようです。

 武田社長の管理能力の素晴らしさが改めて証明された一件となりました。

 5000万円もの大金ですから、使い切るまでには何年もかかることでしょう。

 社会貢献に従事する度に、選手教育を受ける度に、心に杭がささっているあの経験を思い出さないといけませんね。

 驚きと言えば、、ドイツ代表正GK候補、ロベルト・エンケが自殺したそうです…。

 ☆Goal.com ドイツに衝撃 GKエンケが自殺

 ご冥福をお祈りいたします。。

 ☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

リーグ&天皇杯優勝祈念祭

Move On Frontale-091110


 御用達のてっぺん男道場にて、今後のリーグ&天皇杯優勝祈念祭を開催いたしました。


 写真は、予約テーブルに置いてあったメッセージを写したもの。


 こういうさりげない心配りが嬉しいです。


 明日に天皇杯があるにもかかわらず、フロンターレが大好きな14名がお忙しい中、 
 駆け付けて下さいました。


 みなさん、熱い思いをお持ちで、ワタクシは専ら有り難くお話を聴かせていただきました。

 
 今回は過去の決起会参加メンバー+メンバーのご紹介という範囲で執り行わせていただきましたが、
次回についても、水面下で動いております。


 時が来たら、幹事ブログでお知らせさせていただきます☆

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

逆境を乗り越えて

 エルゴラの表紙は決勝点を取ったレナチーニョが叫びながら、走っている姿が写されています。

 ピントが合ってないですが、ケンゴの足を痛めた姿が痛々しい。。

 2~3面もフロンターレのレビュー。

 終盤戦、首位チームの扱いはいつもトップで気持ちがイイですね。

 愚直なまでの再度攻撃が実を結ぶと書かれています。

 ナビスコと同じように攻めながら点が取れず、相手に先制され、前半を折り返す展開に。

 中央から中央からというフロンターレの悪いパターンに嵌っていたナビスコの反省を見事に活かし、この日は徹底的にサイドからの攻撃を繰り返していましたね。

 決勝点も左サイドを崩してのモノ。

 敗戦をキッカケにまたひとつ精神的に強くなったことは間違いありません。

 あとは天皇杯を含めて、自分たちのストロングポイントを貫けるかどうか。

 大丈夫だと信じています!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

死闘の先に

20091109090726
今日は新聞休刊日のため、エルゴラは明日発売です。

昨日のジェフ戦、レナチーニョのハットトリックでロスタイムの劇勝。

決まった瞬間、みんな喜び大爆発でしたね。

その10秒くらい後。。

どこから飛んできたか分からない手が顔に当たり、メガネが吹っ飛んでし
まいました(笑)

幸運にも後ろのシートに飛んだため、踏まれることなく無事でした。

完全に油断してました(⌒-⌒; )

見つけてくれたKOBOさん家の娘さんに感謝感謝です。

この場を借りて、改めて御礼申し上げますm(_ _)m

昨日の試合はお互いに絶対に負けられないという気持ちが出ていて、面白
い試合でした。

ジェフは最後の最後まで諦めない姿を見せてくれました。

肉体疲労は限界をゆうに超えていたはず。後半最後の猛攻のスピードは凄
まじかった。

あの気迫を毎試合見せられれば、一年での復帰は確実だと思います。

フロンターレは信頼回復の第一歩を踏み出すため、フェアに戦い切りまし
た。

また一つ精神的に強くなったと思います。

終了後には両チームの雰囲気が両極端となってしまいましたね。

ジェフ初の降格。

どのスポーツニュースでも取り上げられてましたね。

巻の涙が痛々しかった。。

残留、昇格は勝負の常。

いつ立場が変わるか分かりません。

ジェフには絶対に一年で戻って来て欲しいと強く思います。

かなり長時間電車の中に閉じ込められています。。

線路内に人立ち入りっていうんですが、人身事故なのかな。。

何もないことを祈りたいものです。。

さぁリーグ戦

 欧州視察に行っていたあの方が発言してますね。

 「メダルを外しちゃうような選手がいては勝てない」
 
 ごもっともです。

 映像も見ていない中での発言というところに、モヤモヤを感じましたが、何を言われてもただただひたすら耐えるしかありません。

 エルゴラでもこの件については取り上げられています。

 8日のホーム千葉戦では、練習前に社長、監督、コーチ、選手、スタッフでお詫びすることも明らかになった(エルゴラ19面より)

 そこでこの件は終了。

 リーグ戦は首位に立っているわけですから、そこに集中です。

 相手は降格間際の千葉。

 引き分けすらも許されない状況ですから、試合開始からどんどん攻めてくるでしょう。

 先制点を取られたら、ナビスコ同様の展開になることは容易に想像がつきます。

 今回の件で何を得たのか。

 失ったものばかりがクローズアップされてますが、得たものだってたくさんあるはずです。

 フロンターレがタイトルを獲れるチームかどうか、天が試しているのです。

 その試練を乗り越えてやろうじゃありませんか!!

(追記)ブログやコメントなど、いろいろなご意見を拝見させていただきました。

 たぶん、冷静になると、書いたことは実は自分の中にもあるんじゃないか??って
 気付かれると思うんですが、いかがでしょうか??

 客観的に選手やフロントに求めるのではなく、あえて自分に落として関わってみていただけると、
 普段の人間関係、特に仕事に対する捉え方が変わってくると思います。

 ここまでお読みいただきありがとうございました☆

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

こころのなかに後悔という杭を打つ

 自主処分の報道が出ましたね。

 賞金返還に、減棒、出場停止。

 やってしまったことは戻りません。これから先も言われ続けるでしょう。

 致し方ありません。絶対に忘れてはいけない。

 これを見せしめに、二度とこのような態度を取るチームが出ないことを祈るのみです。

 今回はスポーツですが、ビジネス上でも同じような状況を迎えることは多々あると思います。

 あの表彰式の態度に思うところがあるなら、自分たちも振り返ってみないと!!

 最後に友人の励ま詩人、野崎美夫さんの詩を紹介させていただきます。

 【杭】

 こころのなかに

 後悔という

 杭を打つ

 その杭は

 けっして

 引き抜いてはいけない

 いつも
 
 その杭を眺めて

 後悔した

 その理由を

 思い出すために

 あんなに

 後悔したのに

 すぐに

 その悔いを

 忘れてしまう

 そんな自分を

 忘れないために

 自分の心に

 杭を

 打っておく

 それが

 次の悔いを

 残さないための

 決意という名の

 杭になる


 こういう詩が書けるようになりたいなぁ。。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

当たり前のことだけど。

 オヒサルがアクセス殺到で繋がらないですね。

 ☆フロンターレオヒサル 弊クラブ所属選手の行為について(お詫び)

 昨日の表彰式の一件が大きな問題となっています。

 前回のときにも同様な態度を取っても何も言われなかったから、いいだろう…という選手たちの甘さが如実に現れていました。

 平常心。

 この言葉が飛び交ったということは、相手を眼中に入れてなかったということ。

 絶対に勝てる相手と過信して、自分たちに意識が向き過ぎてしまったということ。

 無冠のフロンターレに対し、優勝経験のあるFC東京。

 立場的には相手が格上。でも、FC東京はリーグ首位のフロンターレに挑戦していくという気持ちでぶつかってきました。

 負けたという結果以上に、彼らは自分自身の不甲斐なさが悔しかったんだと思います。

 残念ながら、全力を出し尽して燃え尽きた選手はいなかったということ。

 全力を出し尽したのであれば、どんな結果であれ受け入れられるはずですから。

 フロンターレに足りないモノ。ワタクシの個人的な意見としては、

 【当たり前のことに感謝する能力】

 だと思っています。

 いくら感謝のコトバを言ってくれても、極限状態の中で、ああいう態度を見せるということは、
その感謝は作られたニセモノだったということ。

 ナビスコや天皇杯で決勝を戦える選手って、全サッカー選手の中でほんの少ししかいないんです。

 短い短い選手人生の中で、あの舞台に立ちたくても立てない選手がどれだけいるのか。

 あの決勝戦を用意するためにどれだけのスタッフが準備してくれたのか。

 サポーターは何時から並んでいたのか。。サッカーができる自分がいる。。

 などなど、感謝できる部分はたくさんあり、数え上げればキリがありません。
 
 でも、どれも当たり前のことですよね??

 その当たり前のことに心から感謝して臨めていれば、あんなことにはまずならなかったでしょう。 
 
 時間は取り戻せません。

 自分と素直に向き合って、深く深く反省していることでしょう。

 この騒動を引き起こした選手たち、きっと精神的に一回りも二回りも強くなってるはずです。

 これに凹んだままのメンタルではリーグタイトルなんて夢の彼方です。

 精神的に逞しくなったその姿を日曜日に等々力で見せてもらいましょう♪

☆ランキングも大騒ぎになってます。。

エルゴラの扱いは小さいです。。当たり前ですが…。

 エルゴラの一面はカップを高々と掲げる羽生。

 見どころはこの方のゲーフラが掲載されていたこと。

 フロンターレの評価は【自滅】。

 表彰式の態度におえらいさん方がご立腹という記事が出ていますが、それは当然かなと思います。

 準優勝という結果は悔しいです。

 でも、自分たちは本当に全力を出し切ったのか??

 まずそこを自分自身に問うて欲しい。

 出し切ったのであれば、メダルを外したり、ふてくされて座るなんてことはできないはず。

 そこに残るのは戦いきった清々しいキモチ。

 全力を出し切っても勝てなかった相手を心から称賛するのが、プロのスポーツマンではないでしょうか??

 準優勝という事実を受け入れられない心の弱さ。

 ここにタイトルを取れない何かが隠されているように思います。

 昨日のFC東京は強かった。

 若さの勢いがチームの勢いとなって、フロンターレはそれに飲み込まれた形になりましたね。

 今日の教訓を残りのシーズンで絶対に活かして欲しい。

 まずは全力蹴球。

 出し尽くして負けたら、自分たちの実力がなかったということ。

 昨日のように中途半端に終わることのないよう、願いたいものです。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

足りないモノって??

 またもやタイトルを逃してしまいました…ナビスコ決勝では、3回出場で、3回とも無得点。

 弱点が出たとか足りないモノがあるから探さないとっていうコメントに何か違和感を覚えます。

 詳しくはまた明日に。。

 今日は朝から活動していて眠いです~。

入場直前

20091103105151
スタンバイOK!!

待機中・2

20091103090304
ふろん太がたくさん??

待機中・1

20091103090118
朝7時で人が一杯でした♪( ´▽`)

風が強くて寒い。。

ダルビッシュ

友人の野崎美夫さんが今朝送ってきてくれた格闘詩をご紹介いたします。

格闘詩 登録は以下からできます。

http://www.mag2.com/m/0000166576.html

内容は昨日の日本シリーズで、腰の痛みを押しながら
登板したダルビッシュについてです。

「ダルビッシュ」

君は
投げて
くれた

君は
試合を
投げなかった

君は
投げて
くれた

君は
みんなの
期待を
投げなかった

君は
投げて
くれた

君は
もしかしたら
人生を
投げる覚悟で

君は
投げて
くれた

投げてくれた
君に
報いるために

僕ら
大人は
それぞれの
人生を

投げるわけには
いかない


いかがでしたか??

読んだ瞬間、衝撃を受けました。

強力な巨人打線を手玉に取るピッチングばかりに目がいきましたが、
彼の登板への覚悟までは気が回りませんでした。。

状態は万全ではなく、チームも本拠地で二連敗は許されない状況。

そんな中で登板を決意した彼の覚悟。

見えていなかったものに気付かせてくれた
野崎美夫さんに感謝です。

そんな素敵な野崎さんの格闘詩は
以下から登録できます。

http://www.mag2.com/m/0000166576.html

国立冠戦

今日のエルゴラは当然ナビスコのプレビュー。

表紙から八面まで使っての濃密なプレビューとなっております。
小杉近辺ではあっという間に売り切れることは必至かと思います。

足立区は売れ残っていることが大半ですけどね(⌒-⌒; )
中身について詳しく取り上げることはここではいたしません。

読み応えは充分です。

ぜひお買い求め下さい!!

今日が終われば、明日はお祭りの一日です。
遠足を翌日に控えたあのウキウキ気分が思い出されます(笑)

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。