為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事少なっ!

 エルゴラの一面はスーパーシュートでチームを勝利に導いた日本人得点王の石川直宏。

 5~6割の力で入って行きながらシュートを打つという新しい形ができているとのこと。代表に新しい風を吹かせてくれる存在になるかもしれません。

 フロンターレの記事は6面の上部4分の3が使われています。試合のあらすじだけで特に目新しい記事はありませんでした。

 マンオブザマッチは川島。あれだけの決定機を止めたんですから、当然ですよね☆

 評価が低かったのが、ユースケと養父でした。

 次は中2日でのガンバ戦。疲労が溜まっているかと思いますが、そこは里内フィジコの腕の見せ所。きっとトップパフォーマンスを繰り広げてくれることでしょう!!

 きょうの名言。

 めったに起きないような幸運で、人間が幸せになることはほとんどない。幸せは日々の小さな前進が運んで来てくれるのである。

 今週も頑張っていきましょう!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
スポンサーサイト

耐えた1-0!

 選手・スタッフの皆様、そして現地まで応援に行かれた皆様、お疲れ様でした。

 そしてありがトンございました

 息子の1歳の誕生日パーティーをしながらの流し観戦でした。

 ケンゴがベンチ入りもしていなかったことに、ファンサカ的にショックを受けました((+_+))休みなく戦い続けていて疲労がないわけがありませんよね。

 水曜・日曜と続く等々力2連戦で、元気なケンゴが見られれば充分です。

 さて試合。今日もエイジ様様の内容になりました。

 前半の攻勢が続けば、後半必ず相手がバテてくると思っていましたが、逆に相手に攻め立てられる展開に。決定的なシーンも最後はエイジ様のおかげで事なきを得ました。

 失点数15はアントラーズの9・レッズの14に続く第3位なんですね。失点が多いイメージがありますが、実はそんなことはない。それはエイジが最後の砦として立ちはだかってくれるからですね。

 今度は中2日でガンバ戦。ACLで復活した黄金の中盤が機能して、マリノス相手に2分間で逆転勝ちを収めた勢いで臨んできます。

 向こうも先週の借りを返したい気持ちが強いでしょうし、こちらとしてもアントラーズと対戦するまで勝ち点差を広げられるわけにはいきません。

 等々力二連戦、熱い勝負が繰り広げられそうですね♪♪

 皆様の無事のご帰宅を心よりお祈り申し上げます。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ヘナ、残留決定!!

 「自分としては日本が好きだし、残りたい」と川崎残留を希望。

 ウキウキ様です(^o^)丿

 移籍報道に揺れたレナチーニョの残留が決定しました☆

 良かったぁ~(*^。^*)

 これでタイトル奪取に向けて、またひとつ障害が取り除かれました♪

 所有権はブラジルのチームにあるし、欧州(ベンフィカ?)のオファー額もフロンターレの提示額より相当良かったものと思われます。

 それでも残留を決めてくれたのは、ヘナのチーム愛。

 お金じゃないものをフロンターレに感じてくれているんですね!

 まだ22歳。将来的にはもっとレベルの高いところでの勝負を臨んでいることでしょう。

 いま目の前のことに最善を尽くしてくれるヘナの心意気に感謝です。

 ちなみに全力と最善の違い。

 全力は自分が持てる力の全て、最善は自分の周りを含めた全体という意味。

 全力を尽くしますって言葉のその裏は、自分のことしか考えませんというものが含まれています。

 職場でもよく聴く言葉だと思いますが、その言葉を言った方の行動をよ~く見てみると、面白い発見がありますよ。部下指導のひとつのテクニックでした。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

てっぺん獲らなきゃ意味がない

 エルゴラの一面はケンゴが1点目を決めた後のガッツポーズ。

 殊勲の決勝点を挙げた黒津が語った名言、【てっぺん獲らなきゃ意味がない】も掲載されています。

 1~3面まではフロンターレの話題で一杯です。読むたびにあの興奮が思い出されます。

 小杉近辺のエルゴラはあっという間に売り切れてしまうことでしょう。

 マンオブザマッチはケンゴ。途中交代のジュニやテセも6点とまずまずの評価。

 意外だったのが、村上の5点。昨日BSの再放送を見ていましたが、宏樹がルーカスに奪われた場面、村上が戻っていなければ危ないシーンでした。それを後追いと見るか、危機一髪を救ったと見るかは人によって違うんでしょうね。

 ちなみにモンテディオ戦のプレビューは、レビューの大きさの反動か9試合の中で一番小さく扱われています。大阪~神奈川~山形の移動やナイトゲーム→デーゲームの違いが不安と書かれていましたが、杞憂に終わることでしょう。むしろそんな狭い日本国内での環境の変化に戸惑うようでは、ACLを勝ち抜くことなんて、実現できないお話になってしまいます。

 山形には行けませんが、テレビの前で山形まで勝利の念を届けます。

 あっ、てっぺんという言葉がたくさん出てきましたね。

 決起会でてっぺんを使った時点で、てっぺんを獲ることは決まっていることですよね(笑)

 てっぺん獲った際のことは、水面下で動いておりますので、それが表に出ることを信じております。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

大興奮!!強くなった!!

 選手・スタッフの皆様、現地で応援されていた皆様、本当にお疲れさまでした!

 ワタクシはクラブチッタでの観戦。飲み物の価格にビックリしましたが、それ以上に今日の試合にはビックリしました。

 両チームとも現状のフルメンバーでのスタメンとなり、試合前はガチンコ勝負になると思いましたが、完全にガンバペース。Jリーグのガンバと違った姿がそこにはありました。

 ボールを奪いに行けども、奪えず。セカンドボールはことごとく拾われる。後ろからどんどん出てきてマークがずれる。

 このサッカーが90分続けば、ガンバの圧勝に終わったんでしょうが、関塚監督が後半思い切った采配でその流れを止めに入りました。

 テセに変えて養父、ジュニに変えて黒津。結果的にこれが大当たりに。

 養父投入で支配されていた中盤に落ち着きを取り戻し、黒津の投入がガンバディフェンスを疲れさせました。

 ケガ明けの多かったガンバは、時間が経つにつれ運動量が落ちていきました。逆にフロンターレはヘナの同点弾以降、ノリノリに。

 試合終了間際にパワープレーに近いものを仕掛けられましたが、川島のスーパーセーブもあり、試合終了。グランパスとともに、ベスト8進出が決定。

 黒津の3店目以降、店内はお祭りムード。大興奮でした!!

 こうした感動をぜひ仕事でも味わいたいものですね♪

 ☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

さぁ決戦!!

 ウキウキ様です(^o^)丿

 とうとうこの日がやってきましたね。ACLラウンド16、vsガンバ。

 ウキウキワクワクしてます。

 くしくも2位通過となってしまい、等々力での開催ではなくなってしまいましたが、敗退したわけではなく、ガンバを倒せばベスト8に上がれるわけです。

 体調不良やケガ人も復帰し順調なフロンターレに対し、離脱選手がギリギリで帰ってきて、ぶっつけ本番のような形になるガンバ。チーム状態でいえば、フロンターレに一日の長アリ。

 リーグ戦やナビスコで、万博で勝利を収めていないことを不安材料に取り上げられていますが、ACLでの万博はこれが初めて。しかも審判は日本人じゃなく、他国の(きっと素晴らしい)審判。環境も大会も違うので、これまでのデータなんて当てはまりません。

 フロンターレのフォーメーションは、テセのワントップにおそらく代表で見せたケンゴのトップ下、左にジュニ、右にヘナ、谷口・横山のダブルボランチで守備を固め、村上・ヒロキ・井川・ユースケの4バックかと。周平が主力組に入っていたとの報道がありましたが、いきなり使ってくるかは疑問です。

 キックオフまであと13時間。待ちきれないですね☆

 あっ、ウキウキで10回言って見てください。どんなに気分がイライラしていても、気分がウキウキしてきますよ!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ACLのプレビューも掲載されております

 今日発売のエルゴラは14節のマッチレポートが中心。

 ACLのプレビュー記事もありました。なんでだろう??

 ACLはテレ朝チャンネルでの生放送なんですね。一番面白い日本チーム対決をCS放送にされてしまう理由がよくわかりませんね。。

 試合レビューはフロンターレ視点で書かれていますが、その下にあるコラムはトリニータの話題。

 そのコラムでは、

 崖っぷちの大分にとっては、ここから連勝街道に乗っていく以外にそれ(自分たちのふがいなさ)を正当化する方法はなにのではないか。

 と締めくくられていますが、記事を作る大変さがこの一文にこめられているのを感じます。

 採点寸評のユースケ(6.0)の欄のコメント、

 中断前から暑さを気にしていたが、散髪でプレーも軽快に。

 全く試合のプレーと関係ない(笑)

 黒津の移籍報道が出てきましたね。残留争いに巻き込まれるチームとしては、喉から手が出るほど欲しい存在であることは間違いないでしょう。

 ヘナの移籍or残留次第になるんでしょうかね。。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

弾みのつく勝利!

 2-0で完勝に終わりましたね。

 ケンゴ・テセ・ジュニ・VJ・周平などレギュラー陣が抜けた穴を他の選手が見事に埋めてくれました。

 内容や個々人のプレーに注文がある方が多いようですが、ワタクシは勝ったから全て良し!と思っています。

 今日は勝利の余韻に浸り、明日からは今日の試合の反省を生かして欲しいと思います。

 余計なお世話ですが、トリニータが心配ですね。。昨年のレギュラーの多くが離脱しているとはいえ、トリニータの選手たちに集中力に欠けるシーンが散見されました。

 唯一の決定機はエイジに見事に止められるという不運が重なる。

 そんなトリニータの次節はアントラーズ戦とのこと。アントラーズはACLの疲れも出てくるでしょうし、連敗脱出のチャンスは大きいと思います。

 眠いので今日はこのあたりで。。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

明日から再開!

 W杯最終予選期間を終え、明日からJリーグも再開です。

 フロンターレは最下位トリニータを迎えての一戦。

 エルゴラの予想フォーメーションでは山岸・養父・矢島の名前が入っておりました。

 ケンゴは発熱の影響で出場が分からない状態。テセも中1日になるので、おそらくは矢島が出場するのでしょう。

 ヴィトールはケガで出遅れ、ジュニは例の件で。ベストメンバーが組めない状態で、どれだけ戦えるのか、特に今季初のケンゴ抜きの戦いがどう出るかが見ものです。

 これから週2の戦いが続くわけですから、ケンゴには少しでも休みを取って欲しいところです。

 ACLに弾みをつけるためにも負けられない一戦。市原隼人効果なのか、チケットは大売れだそうで。
 
 天気も良好な予報が出ていますし、ウキウキしてきますね♪

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

テセ、やったね!!+ヘナ移籍の記事が。。

 北朝鮮が0-0でサウジアラビアと引き分けて、44年ぶりの本大会出場を決めました~!

 テセおめでとう~♪

 テセは最後の最後で交代となってしまい、決定の瞬間はピッチにはいませんでしたが、散々にカラダを痛めつけられながらも一生懸命に守っておりました。

 削られたシーンで足をひねっているように見えましたので、トリニータ戦の出場は難しいかと思いますが、とりあえずは目標の階段を一段上がったことを仲間と共に喜んで欲しい。

 見てて思うのは中東の笛の怖さ。。

 サウジ側が後ろから削っても流すし、ロスタイム5分にもビックリだし。

 主審だけはヨーロッパのほうから招聘できないものですかね…。

☆テセ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 今度はヘナの移籍ですか…。

 ☆スポニチ 川崎F・レナチーニョが欧州移籍へ

 本人としてはフロンターレに残りたいんだろうけど、レンタル選手だけに本人だけの問題じゃないんですよねぇ。。いい条件を出して引きとめて下され~。

まだ1年もある!!

 1-2。残念ながら1点を守り切れず、2位通過となりました。

 決定機は作るものの、シュートが枠に行かない。セットプレーから失点。

 見慣れた風景はワタクシだけだったでしょうか??

 結果として2位通過になってしまいましたので、代表に対する酷評が増えてくるでしょう。

 敗戦をプラスと見るかマイナスと見るか。おそらくは後者に見る記事が多くなると思います。そういう記事のほうがウケますし。

 穴がくっきりと見えた試合だったとも言えます。まだ1年もあるんです。1年あれば人は充分に変わります。間違いありません。いまの代表の力では世界レベルでは戦えないことが分かっただけで、今日の試合で1年後の代表の姿を想像することは、誰が話しても机上の空論です。

 中澤の穴を本職のDFではなく、阿部で埋めようとしたところに、山口や槙野への評価が分かりますね。サブが周平だったら、阿部は使われないわけで、岡田監督の周平に対する評価は山口・槙野よりまだまだ上でしょうね。

 代表戦も終わり、今週末はJリーグが再開されます。

 さらに来週の水曜日にはACLのラウンド16の開催。週2試合のスケジュールが待ち構えています。気がかりなのはケンゴとテセの状態。土曜日のトリニータ戦はできたら二人を使わないで済ませたいものですね…。

 未明にはそのテセの試合が放送されますね。現時点では、引き分け以上で本戦決定です。もし敗れても1点以上を取って1点差以内なら、3位で5位決定戦に回ります。

 かの国を応援したいとはあまり思いませんが、テセには大活躍してもらいたいなと思います。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

オーストラリア戦プレビューとJ1再開特集

 今日のエルゴラは内容盛り沢山でした!

 まずは裏一面をご覧あれ。マリノスvsレッズのTBS放送宣伝、また4コママンガが登場。そこに出てくる山田直輝がちょ~そっくりで驚きます。

 J1再開特集のフロンターレの記事はジュニの騒動とヘナにオファーがいくつも来ていることが記事になっております。再開後の予想フォーメーションで山岸が入っていますが、本当ならようやく本来の場所で使われることになりますが、いかに。。

 オーストラリア戦のプレビューは同じ記事の繰り返しといった感じで、見どころはありません。

 1位だろうが、2位だろうが通過は決まっているわけで、現時点でオーストラリアに勝てなかったとしても、本大会までほぼ1年あるわけですから、そんなに悲観することもないと思うんです。

 悲観しないと記事にならないので致し方ありませんけど…。

 ワタクシ個人の見どころは遠藤・長谷部のいない中でケンゴのトップ下がどれだけ機能するか。

 キックオフは19:20。楽しみですね~。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ジュニ残留決定!!エルゴラ+友人本の紹介

 ジュニの残留が決定したようです。

 ☆スポニチ ジュニーニョ、イレブン説得で残留決めた
 ☆報知 制裁金支払い ジュニ練習合流…川崎

 食事会で入れ替わり立ち変わり他のイレブンから説得されて翻意したそうです。とりあえず一安心ですね。おそらく今週末は出場しないことになるでしょうが、来週のガンバ戦には元気な姿を見ることができそうです。良かった~(*^。^*)

 休刊日のため発売が今日にずれたエルゴラです。

 内容のほとんどがナビスコとJ2のレビューに費やされています。

 オーストラリア戦に向けた記事も掲載。相馬さんのインタビューでケンゴの名前が出てきています。しかも高評価です。久々に嬉しい記事を見ました。

 そのインタビューの上にあるジャーナリストのご意見は辛辣ですけど。。オーストラリア戦の特集は明日発売のエルゴラで詳細に取り上げられるんでしょうね。

 今日は友人が本を出版したので、紹介させて下さい。

2010年W杯一番乗り本の名前は【ありがトン (CD付)】
作者のさわとんは元鬱患者(そうとは思えない優しい人なんですけど)で、彼の経験がマンガとなって出版されました。

以下はアマゾンの紹介文です。

幼稚園から小学生、中学・高校・大学、そして就職に結婚……。
なかなか自分を好きになれないまま生きてきたブタの「さわとん」。
ところが、出向による過労から「うつ」になって人生が大きく変化。
うつだけでなく難病の体験や死にたくなるような気持ちとの葛藤を経て、

「ありがトン」という言葉との出会いから大切なことに気づきはじめます。
魔法の言葉に教えてもらったこと――「1人ひとり、みんな違っていいんだ!」

ありがトン、小さなお子様がいるご家庭で言ってみると楽しくなること必至です。

ぜひお読みいただければと思います。ありがトンございます♪

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ジュニが退団??

 Windowsが壊れてしまいましたが、なんとかデータだけは救い出すことができました。

 新しいPCを購入し、それを移し替えたりなんやらで週末が終わっていきました。

 自分は大丈夫とか思っている方、できたらすぐに対策を取られたほうがいいですよ。デジカメのデータとか消えたら困るものほど、何かしらの対策をおススメいたします。

 人間のカラダにも同じことが言えますね。

 対策を取っていなかっただけで、こんなことが現実にあるのかというくらい壮絶な話で…と、暗くなるので、これはまた別のところで。

 で、PCのセットアップをしてスポーツニュースを確認したら、ジュニ退団も?なんて記事が踊ってるじゃありませんか。
 
 遅刻の罰金を払いたくないから、契約を解除してくれ??

 う~ん…確かにチームに欠かせない存在なだけに、発言力はあるのでしょうが、これはいただけない。これを認めてしまっては将来に大きな禍根を残すことになります。

 サッカーできればエライわけではありません。勝利も必要ですが、勝利を求めすぎて、根本的に大事なものを忘れては絶対にいけません。

 彼はフロンターレ所属のプロとして人間の見本とならない立場です。

 これを認めてしまったら、子供達、いや大人もか、サッカーができれば、わがままも通用するんだと勘違いしてしまう可能性も出てきます。

 ルールとして罰金を支払って、チームに戻って来てくれることを切に祈ります。

 仮にジュニが不服で戻らなかったとしても、私はフロントの対応を支持します。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

最低ラインからの再出発

エルゴラ一面の見出しをそのまま使わせていただきました。

いいときもあれば悪いときもあるわけで、今回はたまたま後者だったということ。

ダメなところばかり目を当てがちですが、そこはそこ。

たとえ10点の試合でも、その10点を100点として見られるような記事が増えるといいですね。

足りない部分を見るように知らぬ間にプログラムされてないか意識してみると、パァ~と明るいものが見えてきますよ。

遠藤のロングインタビューも掲載されています。これは読みごたえ充分でした!!

昨晩、自宅PCがハードエラーを起こしたため、携帯からの投稿でした。

機械はどんなにいいメンテナンスをしても壊れてしまうことを教えていただきました。

これを読んだあなたもバックアップだけはすぐにやって下さいね。

エルゴラ記者は夢がないなぁ。。

 今日のエルゴラを読んだ感想がこのタイトル。

 代表に熱くなれない自分がいるという方が書いた記事ですが、年齢はまだ38歳とのこと。

 ドーハ・ジョホールバルなど経験したからと書いてありましたが、過去は過去。いまはいま。

 エルゴラの記事に、ワクワクウキウキできるものが少ないのは、書き手がそうだからだと思いますが、もうちょっと読み手のことを考えていただきたいなと思います。

 何のためにサッカー取材をして、何のために記事にしているのか、そのあたりが見えてこない…。

 特集自体はカタール戦・下位4チーム特集など、読み応えのある紙面構成になっております。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ケンゴは思いのほか低評価。

 今日のエルゴラはW杯出場を決めた記事が中心。読んでて気持ちがウキウキしてこないです。

 勝って兜の緒を締めよ!じゃないんですが、記者や専門家の皆様には、納得の行く試合ではなかったようです。日本人の気質なんでしょうか、100点を取らないと満足しない。70点しか取れなかったかもしれないけれど、その70点を100点に見立ててあげることだって必要です。

 そういう記事が読者に喜ばれるんでしょうが、そういう記事が深いところで無意識のうちに読者に悪影響を与えていきます。

 さて、ケンゴの評価が気になって、早速採点を見ると…好プレーもあったが、同時にミスもあったがという5.5の評価。西部記者の記事ではケンゴの出来の悪さが大きな誤算とまで書かれていました。

 得点を取った岡崎はスゴイ!でも、そのキッカケとなったケンゴのパスももっと扱って欲しかったなぁ。

 他の記事はナビスコ・J2のレビューです。

 ファン感が終わって、エネルギーが抜けた方もいらっしゃるかと思いますが(笑)、今週も頑張っていきましょう~!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

W杯出場一番乗り!!

 選手・スタッフの皆様、現地まで応援に駆けつけられた皆様、本当にお疲れ様でした!!

 今日は一番苦しい試合だったのではないでしょうか??

 1点差を守る試合は何度も見てきましたが、ここまで厳しい攻撃はなかったと思います。

 しかし、中東の審判は…(怒)長谷部の肘打ちはVTRを見ると、う~ん…ありえるかなと思いますが、ホーム有利なジャッジや大久保の幻のゴールになったオフサイドのジャッジなど怪しいこと限りなし。

 サッカーレベルが上がっても審判レベルはまだまだ厳しいものがありますね。。

 得点はケンゴ-岡崎のホットラインから。岡崎はツイてますね。跳ね返ったボールが自分の頭に来るなんて、ツキ以外の何物でもないでしょう。前回は大黒・今回は岡崎がラッキーボーイとして頭角を現しましたね。

 W杯出場人数枠は23人。ここにフロンターレ戦士たちがひとりでも多く食い込んで欲しいと思います。

 ちなみに、テセは引き分け。残り1試合。ライバルのサウジ・イランは2試合。自動出場はちょっと厳しいかな。。

2010年W杯一番乗り

勝つためにここに来た

 時間がないので、簡単に。。

 エルゴラの一面は長谷部が飾っています。彼の成長によってケンゴはポジションを失うこととなりました。確かに見ていると、レッズ時代よりボディバランスにも戦術眼にも大きく成長していると思います。

 2~5面には予想スタメンなど。

 あとはナビスコ・J2のプレビュー&レビューで構成されています。

 すみません、ホント簡潔で申し訳ないです…。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ケンゴ、エルゴラの一面を独占!!

 武蔵小杉近辺のエルゴラはあっという間に売り切れてしまうのではないでしょうか??

 今日の一面はケンゴ。そして代表のレビューはケンゴシステムについてです。

 細かいところは紙面に譲るとして、、これまで代表戦になるとケンゴが蚊帳の外に置かれた形になってしまい、ふろん太サポとしては、代表なんて…と思ってしまっていました。

 キリンカップの2試合、ケンゴが出ている時間は非常に楽しいものでした。

 ウズベキスタン戦も当然、先発からピッチ上で躍動することでしょう。ケンゴの良さをこのような形で使うとは、岡田監督のメガネは伊達じゃないですね(笑)

 できれば勝利のホイッスルをピッチの上で聞いていて欲しい。

 早くも水曜日。決戦まであと3日!!

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

宅配版のエルゴラ…。

 宅配版のエルゴラだと昨日の代表戦の記事がありません。。フロンターレが出場免除されているナビスコ予選のレビューばかり。

 宅配版安いんですが、日曜夜の試合レポートがないのが痛いところです…。

 試合後の岡田監督のコメント、勝って兜の緒を締めよということですね。

 最初に選手をもっと褒めてあげてもいいと思うんですけど、そこを甘くすると監督としての威厳が保てないのかな。

 フロンターレは北海道でキャンプ中。例年6~7月のキャンプで過ごしやすいんでしょうが、今年は寒いキャンプとなっていることでしょう。日曜日のためにも、体調崩さないことを祈っております。

 で、今日のひとこと。

ケンゴ雅決める

 あの試合内容でケンゴをスタメンから外すということはないと思って書いてみました。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。