為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タニ選出!!頑張れ!!

 北京オリンピックの代表候補が発表されましたね。

 我らがタニも無事に選出!!

 カラダを張って前線でのボールキープや得点能力を期待されての選出だと思います。後はスタメン奪取できるかどうか。先日のアルビ戦で決定機を外したことが尾を引かなければいいんですが。。因縁のマリノス戦で意地を見せて欲しいものです。

☆タニの情報は、フロンターレブログ集でご確認を。

 去年はアンチ反町が多かったふろん太サポですが、タニを選出し、試合に使っている今年はそんな見方は一掃されつつありますね。その反動として、逆にアンチメガネが増えたわけですけど(笑)

 20人ということでここからさらに二人が脱落するわけですが、タニと同タイプの選手がいないだけに、タニの落選はないと思います。遠藤と役割が被る梶山は黄信号かな。。

 今回のメンバーで気になる点を4つ。

 1.OA枠は遠藤のみ。大久保は未招集。

 根回し不足でしたね。チームあっての選手である以上、いくら協会が話していると言っても、選手を預かる立場の監督が心を込めてお願いしないといけません。

 今回のようなことは実社会でも往々にして起こることなので、自分も注意したいと思います。

 2.水野・伊野波落選

 セルティックに移籍した水野でしたが、結局セルティックで試合に出ることはなく、この間のカメルーン戦で試合勘の欠如が明らかになってしまいました。

 伊野波もアントラーズに移籍してレギュラーを獲るまでに至らず、結局見送られてしまいました。

 二人とも最終予選では欠かせぬピースとして活躍してきた存在。悔しいでしょうが、これが現実。これをバネにステップアップして戻って来て欲しいと思います。

 3.香川・長友は??

 二人も落選なのでしょうか??それとも試合やケガの関係なのでしょうか??二人ともA代表でスタメンを張るだけの実力の持ち主。果して、14日の最終発表時にはこの二人の名前は入るのでしょうか??

 柏木はJ2のプレーを見る限り、まだまだ復調途上のように見えますので、今回の選出はないと見ます。

 4.FWの選考

 このメンツ見る限り、大久保召集できなかったのは痛いですね。李以外レギュラーじゃないんですけど。。カメルーン戦見る限り、森本も微妙。かといって、日本人FWで結果残してるのいないしなぁ。日本人得点王がレイソルの太田という状況では…ホント人材不足ですね。

 モンテディオだったら、ケガ明けの豊田よりも長谷川をサプライズで招集して欲しかったと思います。背は高いわ、キープできるし、足元上手いし。。

 いろいろ書きましたが、とにかくタニがスタメンで出てくれればそれでええねん(^^♪

 p.s こんなことできるお金があるなら、ツケにしているお金を早く払うべきだと思うのですが。。

 ☆J's goal 大黒将志選手移籍加入のお知らせ [ 東京V ]

 代わりにフッキかレアンドロ、もしくは双方の放出もありそうですけどね(笑)

☆オリンピックの話題はランキングでどうぞ。
スポンサーサイト

エルゴラの見所は終面??

 負けた試合が掲載されるエルゴラは読むとムカムカが蘇ってきます。

 そんな今日のエルゴラの見所は終面。【等々力うれしイ~プロジェクト】の詳細がカラーで掲載されています。タイミングの悪いときの発表となったものです。企画よりもチーム状態をなんとかして欲しいと多くのサポーターが思っていることでしょう。。

 当然エルゴラの批評も厳しいものに。敗戦は前半の代償という文章に始まり、ロングボールで守備ラインを下げさせられ、全体も間延びして、ムダに走らされたと記載されています。

 アウェーでのバーレーン戦で日本代表がやられた3バック相手への常套手段ですね。代表で欠けたツケがこういったところに出てくる。。この1週間で対策を練っていただきましょう。幸い、次のマリノスも不調に陥っているようですしね。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 首位と2位が立て続けに敗れたことで、リーグ戦の混戦ぶりは激しさを増しましたね。再び4連勝できれば、5位以内には入っていけそうな感じです。優勝争いも降格争いも予断を許さない展開。いまは順位よりもとにかく勝ち点を着実に積み上げることが大事ですね。

 今日で6月も終わり。2008年も早くも半年が過ぎようとしています。ここからはさらに時の加速度が増すんだよなぁ。

☆ランキング応援お願いします。 

また負けた。。

 現地で観戦された皆様、本当にお疲れ様でした。

 テレビ中継観戦の我が家でも空気がどんよりとしていますから、現地で観戦された方、特にアウェーツアーの方々の空気は想像つきません。。

 このあたりの雰囲気は参加者のブログやコメントで分かるかと思いますが…。

 ☆アルビ戦情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 結局、勝てなかったのはシュートの精度が低いから。決定機は何度も何度もありました。でも、勝てなかった頃のようにシュートが枠に飛ばず。挙句の果てにはPKまで決まらない…。逆に与えたPKは止められない。

 代表組やジュニが練習で欠けたことが影響していたのか、テレビから見ていても覇気が感じられませんでした。いい時だと、ミドルシュート打った後も詰めているのに今日はそれがなかったですね。

 負けてるにもかかわらず、こぼれ球に最後まで全力で追いかけない選手も散見。。

 「一人ひとりがパスを貰う意識が少なくて、コンビネーションがバラバラだった」という山岸のコメントから見られるように、なんかチームが空中分解している印象がありました。

 幸か不幸かウィークデーにナビスコがないだけ、チーム戦術をじっくり練る時間が与えられています。次節もこのような試合を見せられるのであれば、間違いなくサポーターは減ることでしょう。

 これでリーグ戦は4連勝のあと3連敗。フロントも企画に力を入れるだけでなく、河村連れ戻すとかチームになんらかのテコ入れをして欲しいと思います。

☆ランキング応援お願いします!!

最終予選組み合わせ決まる。

 最終予選の組み合わせが決まりましたね。

 日本はオーストラリア・バーレーン・ウズベキスタン・カタールと同組。

 アウェーがことごとく長距離と非常に厳しい組み合わせとなりました。

 その初戦は、、3次予選で苦杯を舐めたバーレーンとアウェーでの戦いとなります。こないだホームで2軍相手に苦戦しただけに、この初戦は非常に厳しい戦いになること間違いなしですね。

 大久保の出場停止が痛いと岡田監督は頭を抱えていることでしょう。

 試合日は以下のとおりです。

 第1節 9月6日  vsバーレーン(A)
 第2節 9月10日  試合なし
 第3節 10月15日 vsウズベキスタン(H)
 第4節 11月19日 vsカタール(A)
 第5節 2月11日  vsオーストラリア(H)
 第6節 3月28日  vsバーレーン(H)
 第7節 4月1日  試合なし
 第8節 6月6日   vsウズベキスタン(A)
 第9節 6月10日  vsカタール(H)
 第10節 6月17日 vsオーストラリア(A)

 来年の6月は厳しい日程ですね。中東行って、日本にとんぼ帰りして、オーストラリアへ飛ぶ。。第9節までに決めておかなければひょっとするとW杯出場は危ういかもしれません。

 第5節のオーストラリア戦をホームで迎えられるのは大きいかなと。この時期のオーストラリアは夏ですから真冬の日本からの移動は大変。

 何にせよ、初戦のバーレーン戦が大きなヤマとなりそうです。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
☆最終予選展望はランキングでどうぞ。

不安一杯の再開

 Fighting Awayを掲げ、ビッグスワンに乗り込むフロンターレ。いまだ勝ち点も拾っていないビッグスワンでの再開戦だけに、万全で臨みたいところでしたが…。

 ☆スポニチ ジュニーニョ金銭トラブル体重減る減る
 ☆報知 ジュニーニョ来日1週間遅れ罰金しょんぼり…川崎
 ☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 ジュニ来日遅れの理由は帰化手続ではなかったですね。。ブラジルでもカラダを動かしていたんだろうという観測はアマアマでした。ホントに帰化する気があるのか疑いたくなるような記事ですね。

 調整遅れということで明日の出場は見合わせ、周平とヒロキも出場を危ぶまれています。エルゴラの予想スタメンにはヒロキの名前はありましたが、カッコで薗田の名前が下にありました。

 さらにさらに代表に徴収されていた井川と川島は1ヶ月半ぶりの実戦。不安要素盛りだくさんでの再開戦となります。

 ジュニ不在ということで、テセ・我那覇の2トップで臨むはず。テセはこれまでのようにポストプレーに気を使わなくて済むでしょうから、北朝鮮でのプレーをそのままピッチで見せてくれるかもしれません。

 強引に突破するスタイルのテセがジュニ不在で見られるかもしれません。

 毎年新潟へは行っておりましたが、今年は不参戦。遠く東京から勝利の念をビッグスワンに送り続けます。

☆ランキング応援お願いします!!

等々力うれしイ~プロジェクト発動!!

 よくこんなネタを思いつくものです。

 ☆J's goal 等々力うれしイ~プロジェクト発表会見
 ☆プロジェクトの情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 我が家に届いたデルフィーノの入った封筒を開けてみると、まぁたくさんのお知らせが入っておりました。このプロジェクトもそのお知らせの中のひとつ。

 スタジアムにイ~!が、ドンドンということで、Jリーグが掲げるイレブンミリオンプロジェクトを積極的に推し進め、具体的な形にしていくとのこと。

 フロンターレの掲げる2010年の目標年間平均入場者数は2万人超とのこと。ちなみに今年は1万8千人、来年は2万人だそうです。

 そのために5つの「イ~!」を実現するとのこと。その5つとは…。

 やさしイ~・おいしイ~・めずらしイ~・たのしイ~・あうぇイ~の5つ。

 社長によると、「青い等々力、メッチャ楽しイ~」と覚えて欲しいとのこと。

 快適な観戦環境を作るために、現在行われている席ツメ隊やSS/Sゾーン専用ゲートだけではなく、新たに混雑緩和対策や入場ゲート、ゾーニングなどの検討を行うそうです。メインスタンドや2Fゴール裏などが専用ゾーンとして確立されるのかもしれませんね。

 また、新アニメ製作や春日山部屋とのがっぷり協力やアウェーサポーター限定プレゼントなどいろいろと案を練っているようです。

 企画性はJリーグNo.1なのでは??と思います。

 ファン感のお知らせも入っていました。

 今年のステージ進行は哲さん。ハ~イ!やべっち収録で前田アナも来場予定とのこと。

 出店コーナーでは、ケンゴ家秘伝の味のギョーザやクッキーの宮崎マンゴーカキ氷や、テセ母の韓国料理などが出店されるそうです。

 アトラクションコーナーでは、ウイニングイレブン2008発売記念として、大橋・黒津と対戦できるコーナーや三菱ふそう野球部に挑戦など、これまた面白そうな企画が並んでいます。特に野球部に挑戦なんて、この方が喜びそう(笑)興奮して熱がさらに上がらないように。。

 他には川崎市制記念試合(7月26日グランパス戦)のお知らせやニューグッズのお知らせなども入っていました。

 あと、肝心のデルフィーノはツトさん特集です。田坂×横山の対談もあり、読み応えありました。二人の初対面はなんと新体制発表会だったそうですよ。同学年とはいえ、1部と2部では接点がなかったのかもしれませんね。

 観客増やす一番の良薬は、とにかく勝つこと。これしかないですね(^^♪

 ネタが豊富な中の人の方々、選手補強や後半戦の躍進も期待していますよ!!

☆ランキング応援お願いします!!

後半戦は7位からのスタート

 スカパーでガンバvsサンガ、アントラーズvsトリニータを見ておりました。ガンバとアントラーズが勝利したため、暫定5位だった順位を2つ下げ、後半戦は7位からのスタートになります。

 サンガもトリニータも得点できるチャンスはあったんですけど、最後の精度が悪かった。あと、カウンター一閃という展開でも走っていないから、相手に守備陣形を整えられてしまうシーンが多かったです。

 フロンターレが、この2チームから勝ち点1しか得られなかったのは非常に痛すぎですね。。

 といっても勝ち点差が均衡している今の状態でしたら、連勝すれば順位はどんどん上がっていくわけで、現時点の順位はさほど気にする必要はありませんね。逆に連敗すればすぐに降格圏内が見えるのですが^^;

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 ようやくジュニーニョが帰国しましたね。噂によると機体トラブルで一旦サンパウロに引き返したとか。例年キャンプには途中参加していましたが、今年は相当遅れて帰ってきました。きっと帰化手続や家族の引っ越しの準備で忙しかったのだと思います。

 時差ボケもあるでしょうから、ブラジルでカラダを動かしていないようだと、土曜日は厳しいかもしれませんね。

 あっ、マギヌンが無免許運転で検挙されてしまいましたね。。クラブから借りている車を運転中に一時停止違反で捕まったとのこと。クラブは無免許であることを知っていたそうです。なんか変な話ですよねぇ。。

☆ランキング応援お願いします。

ジュニ8月にも代表へ??とエルゴラ

 代表戦から一夜明けた今日のスポーツ紙、スポニチにジュニの名前が出てきました。

 ☆スポニチ “秘密兵器”ジュニーニョ8月出陣も
☆ジュニ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 ジュニの帰化手続は順調に進んでいるようですね。キャンプに姿を現さなかったのもきっと帰化手続に時間を要しているからなんでしょうね。

 ジュニが入ることで決定力不足が解決されるかどうかは疑問ですが、ひとりでなんとかできるスピードとドリブルはいまの日本人FWが持ち合わせていないもの。ワントップに置いて、常にDFの裏を狙うような動きをしてくれるだけで、アジアのチームにとっては効果的でしょうね。

 監督が求める前線からの守備は…フロンターレでの守備くらいで許して下さいませ(笑)

 エルゴラも宅配版と駅売りで内容が異なると思います。駅売りは昨日の試合のレビューまで掲載されているのではないでしょうか?宅配版はユーロ準々決勝の3戦のレビューが中心の構成です。

 ちょっと話が飛びますが、先ほどまで行われていたスペイン-イタリア、見応えのあるPK戦でした。どちらのGKも止めるというオーラが感じられ、そのプレッシャーに負けたキッカーは見事に止められてしまいましたね。

 結果、スペインが勝利し、準決勝進出のチームの中では唯一のグループ首位突破チームの勝ち上がりとなりました。それだけヨーロッパのチームに差はないということですね。

 ☆ユーロ情報はランキングでどうぞ!!

 で、エルゴラ。

 ユーロ以外にはJ1再開特集ということで、レッズ・エンゲルス監督のインタビューが掲載されています。ボロボロのチーム状態を立て直した彼の手法は、会社の組織活性化などに役立つ部分が多いと思います。

 代表戦が終了し、いよいよ水曜日からJ1再開です。団子状態ですので、どのチームにも優勝の可能性が残っています。12月までノンストップの日程、負ける展開を引き分けに、引き分けの展開を勝ちに、勝てる展開を危なげなく守る、そんなサッカーをフロンターレに期待しております。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

収穫は…勝ったこと。

 ケンゴスタメンということで、多くのふろん太サポの方々が代表戦を見られていたことと思います。中にはフジテレビ739でやっていたテセの奮闘振りをご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 ワタクシは日本戦を見ておりましたので、韓国-北朝鮮戦を見られていた方、ぜひ情報をいただければ嬉しいです。

☆ケンゴ・テセの情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 さて、日本戦。明日のスポーツ紙は酷評の記事が並ぶことでしょうね。

 PK失敗するわ、足に当てるだけのボールを無理して強振して空振するわ、最終予選では命取りともなるプレーが連発されました。

 PKは遠藤に一括したらどうなんでしょう。俊輔は止められるイメージが強いです。これを読まれたあなたはいかが思いますか??

 ガラ空きのゴールに流し込めなかったプレーは、あの選手の自惚れがさせたものですね。強気で肝の据わった発言は結構ですが、プレーは慎重にやって欲しいですね。もし同じ位置に中澤がいたら、確実に頭で枠に飛ばしていたでしょうね。

 ケンゴは久々のフル出場でしたね。PKにつながるスルーパスは見事でした。試合中良く走ってましたよね。最後は左サイドバックで得点の起点となるクロスボールも挙げました。

 ケンゴと遠藤のダブルボランチだと、闘莉王を上げたときの後ろのカバーができる選手がいないですね。そもそも闘莉王を上げる展開になってしまったのが問題ですけど、レッズだと啓太がその役割を果たすんですよね。だったら、ケンゴじゃなく啓太を最初から入れればいいという話になるので、そのあたりの選手起用は難しいところですね。

 結局井川は一ヶ月の帯同で一度もベンチ入りさせてもらえず。だったら、なぜ召集したのか。。一ヶ月もの間、対外試合を経験できなかったツケはフロンターレに戻ってくるだけですから、メガネさんの知ったところではないんでしょうけど┏◎-◎┓   

 テレビ中継も一言。。

 最終予選はテレ朝地上波独占中継とのこと。あの二人の解説は聞いててイライラしますね。よくなかったのは分かりますが、少しでも日本のいいところを伝えて、テレビの前のサポーターの応援の気持ちを前に向かせることができないものでしょうか。

 厳しい持論をお持ちなのはよく分かりますが、視聴率が低迷する一つの理由にああいった心無い解説があることを局側も気付いているはずなのに、なぜ変えられないのか。

 最終予選、テレ朝で放送するのは構わんが、サブチャンネルで実況・解説抜きの音声放送を切に望みますm(__)m

☆ランキング応援お願いします!! 

箕輪移籍が記事になりましたね。

 噂になっていた箕輪の移籍が本決まりになりそうですね。佐原同様レンタルなのが救いですが。

 ☆報知 川崎・箕輪が札幌へ移籍
 ☆スポニチ 降格危機救う?箕輪 札幌にレンタル移籍
 ☆箕輪情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 箕輪が去ってしまうのは寂しい限りですが、彼自身非常に悩んだ上での決断だと思います。

 「川崎市民で良かった!!」と言えるほど、川崎とフロンターレを愛していた人間が移籍という決断を下したわけです。それはもう夜も寝られないほど悩んだに違いありません。

 いちサポーターとしてこの決断を支持したいと思いますし、来年北海道遠征ができるようコンサドーレの降格をなんとか食い止めて欲しいと思います。ただ、フロンターレ戦には出ない契約オプションを付けて欲しいですが、ダメですかねぇ^^;

 移籍の伏線となったのはやっぱりナビスコなのでしょう。プレーできるまでに復活したのに、本職の自分が使われなかったことに対する不満は相当大きかったと思います。また、バックアップメンバーよりも試合に出ることを優先させたいという本人の意志も強いのだと思います。

 個を優先するフロントもそれを容認し、首脳陣は箕輪がいなくてもやっていける目処が立ったと判断したのでしょう。

 周平のケガ、カードトラブルなどDF陣の層がこれ以上薄くなるのは心配でなりませんが、箕輪が新天地で活躍できることを心から祈願して、この文章を締めたいと思います。

 戻ってこいよ!!

☆ランキング応援お願いします!!

 (追記)ニッカンによると新たな外国人選手獲得のことも書かれていますね。21歳のジュニオール選手。ジュニーニョと紛らわしいので、獲得してもそのままの名前にはきっとならないんでしょうね。

 7月以降の合流だと戦術面の浸透ができなくて使えないじゃないのかと心配になります。。起用する場合は菊地が抜け、DFの控えに回るのかな。

青いエルゴラ

 バーレーン戦をあさってに控えて、エルゴラも代表モード。オリンピック最終予選の最終戦からお披露目となった青い紙面で構成されています。

 最終予選進出を決めている両チームによるいわば消化試合。バーレーンはたった2日の調整で臨むようにこの試合に賭ける気持ちが欠けている報道がちらほら見られます。

 一方の日本はアウェーでやられた借りを絶対に返すという岡田監督の強い思いの下、消化試合という雰囲気を感じさせない調整を続けているようですね。

 4人招集されているふろん太組では誰が出してもらえるのか。俊輔の足の具合や累積警告の兼ね合いもあって、ケンゴだけはスタメンで出場できそうですね。

 他の3人には出番は来るのでしょうか。紅白戦などでゲーム形式をやっているとはいえ、ひと月以上も対外試合に出られない悪影響はフロンターレにとっても非常に大きいかと思います。

 ☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 最終予選を見据えるのであれば、バックアップメンバーの経験値を上げることも必須なはず。アウェーで敗れた個人的な悔しさは分かりますが、あくまで消化試合。目の前の勝利よりも先を見据えた采配を期待したいものですが…。

 話変わって。

 ガンバの水本が移籍を決意し、退団がチームから発表されましたね。信頼を失うという大きなリスクを取った決断をするところを見ると、相当肝が据わった選手だと思います。一部の水本ファンと所属チーム以外のサポーターを含めた関係者を敵に回し、さらに彼のサッカー人生に大きな汚点となるのを覚悟しているわけですし。

 ただ、ある種、彼も岡田監督の被害者。チームに馴染む期間にA代表に召集され、4バックのガンバの戦術に馴染めず、守備固めの3バック要員でしかなかったわけですから。

 彼にとって幸運なのは、北京で穴を空けることが分かっている選手を4億もの大金を出して取る金満チームがあることですね。

 日程的にフロンターレ戦で彼を見ることはないですね。北京終わって燃え尽きなければいいんですが。サンガで失敗したらどうするんだろ。

☆ランキング応援お願いします!!

ツトさん、菊地のインタビュー

 箕輪問題があちこち賑わしているようですが、フロントからの正式発表を待ちたいと思います。

 試合に出れる状態なのに本職の自分ではなく、村上を起用したことに対する不満は確かにあるのでしょうが…。

 ネットは誰が見てるか分からないので、公開する際には細心の注意を払う必要があるなと、この問題で改めて気付かされました。

 今日のエルゴラは再開特集ということで2~3面でツトさんのインタビュー、4面に菊地のインタビューが掲載されています。既に武蔵小杉近辺のキヨスクやコンビにではエルゴラは売り切れ完売なんでしょうけど^^;

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

前を向いて進歩を続ける男

 本日発売のエルゴラはタイ戦のレビュー記事が中心です。

 俊輔・遠藤を中心に取り上げていますが、ケンゴについてもしっかりと取り上げてくれています。多くのスポーツ紙で扱いが小さかったので、この扱いは嬉しいですね。

☆ケンゴ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 【前を向いて進歩を続ける男】 エルゴラはケンゴをこう評しています。

 先発できる力を持ちながら、戦術上控えに抑え込まれたケンゴですが、そんな状況も自分にとっては必要な時期と前向きに捉えているようです。

 いまスタメンで活躍している遠藤や中澤もサブだったことを例に挙げ、サブの状況でどれだけ頑張れるかが自分にとって重要と、試合に出られない悔しさをうまく自分の成長の糧にしていることが伺えます。

 試合に出ていないことによって、足の怪我も癒え、コンディションはまずまずのようです。リーグ戦でのより一層の活躍に期待が持てますね☆

 水曜日のエルゴラは高畠監督と菊地のインタビューが掲載されるそうです。こちらも楽しみです。

☆ランキング応援お願いします!!

ケンゴォォォォォォォ~ル!!

 勝利濃厚の試合を最後まで見続けていてホント良かった(^^♪

 我らがケンゴが途中出場ながら、試合を決定付ける3点目を決めてくれました

 フロンターレブログ集も試合云々よりもケンゴのゴールについて熱い記事が集まることでしょう☆

 スルーパスを出した駒野も見事でしたが、それを察知して動き出していたケンゴにあっぱれです!!

 明日のサンデーモーニングで哲さん取り上げてくれないかな(笑)

 セットプレーからの2得点も見事でしたね。フロンターレの試合ではなかなか見られないセットプレーからのゴールを闘莉王と中澤だと入りそうに思えるのは何故でしょう??二人の動きが上手いのか、それとも飛んでくるボールがいいのでしょうか??

 勝ち点3を積み重ねたことで、最終予選の突破はほぼ確定しましたね。

 最終戦のバーレーン戦ではほとんど使われていないメンバーを使うくらいの配慮を見せてくれたらと思います。

 最後にもう一度。いやぁ~ケンゴのゴールは素晴らしかった~☆

 フロンターレでもゴールをたくさん見せてね!!

☆ランキング応援お願いします!!

昨日の感想など

 0-0で終わったカメルーン戦。ご覧になった方の評価はいかがなものでしょうか?

 お偉いサン方はピチピチ度が高かったと高評価のようで、あのサッカーで入場者数が少ないのが解せないくらいの感想をお持ちですね。。

 入場者数が少ない本当の原因を掴めてないのが明らかですね。

 相手が審判のジャッジにキレたり、削ってきたりと本気モードで戦ってくれたことにより、予想以上に白熱となった一戦でした。

 数多くの決定機を逃しての引き分けだけに残念な結果でした。

 溜め息が漏れる回数も多かったですが、決定力不足はもはや国民性ともいえるところ。致し方ありません。

 ピッチを一番駆け回っていたのは、間違いなく我らがタニでした。時には相手ゴール前へ、時には自陣ゴール前に。ポストプレーや前線でのヘディングなどいまのメンバーではNo1のフィジカルが、カメルーンでも通用したことは大きな大きな収穫だと思います。

☆タニ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 チーム全体としては、どうもスピード感がいま一つで、堅守速攻ではなく、堅守遅攻になっている感が否めませんでした。
 
 タニが戻り過ぎていたのも一因なのでしょうが、ボールを奪ったらすぐに相手ゴールめがけて走るというプレーが李以外はできていなかったと思います。タニは戻り過ぎて修正するように指示されたようですが、タニくらいに他の選手が走れば、もっと魅力あるサッカーになるのではないかと思います。

 【技術の問題だし、ストライカーなら決めないといけない】と偉そうなことを言う選手の王様プレーが、チームを何回かピンチに陥らせていましたね。中に切れ込むだけでなく、単純にサイドからクロス上げてもいいんじゃないんですかね。

 守備陣は綻びもなく安定していましたね。特に吉田の奮闘が光っておりました。

 OA枠の起用を反町監督が示唆しましたね。決定力不足を埋めるFWと展開を作れるMF。大久保と遠藤orケンゴでしょう。

 メンバー発表は7月上旬。Jリーグも2戦ありますので、タニには最後の最後までアピールしてもらいましょう!!

 ちなみにエルゴラは名古屋特集です。

☆ランキング応援お願いします。

タニスタメン

20080612201036


それだけで満足です(^^♪

タニがチャンスメイクするも決められないですねぇ…。

ピッチ上ではタニが一際輝いて見えます(笑)

本田圭はボール持ち過ぎるわ、奪われるわヒドイですね。。

倉貫取っちゃえ!

 フェルナンジーニョを期限付き移籍で獲得したサンガが一昨年ヴァンフォーレで活躍した倉貫の契約を解除しましたね。

 ☆倉貫の契約解除 京都サンガFC

 出場機会を求めてのことで、移籍しやすいようにチームが契約解除扱いにしてくれたそうです。サンガ、優しいですね。

 倉貫の母校は静岡学園。杉山と杉浦の先輩でもあります。

 というわけで、フロンターレが獲得に動かないものでしょうか(笑)

 まぁ、家族のために長くいたヴァンフォーレからサンガに移籍したわけですから、関西圏のチームに獲得されてしまうのでしょうね。。

 それこそヴァンフォーレが獲得するか(笑)

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ユーロにカメルーン戦にタイ戦にJ2に

 本日発売のエルゴラは、タイトルにあるようにユーロレビューやカメルーン戦やタイ戦などの展望が記載されています。

 カメルーン戦の予想スタメンにタニの名前が入っていました。守備的布陣で行くのであれば、タニが、ちょこっと攻撃的に行くのであれば李と森本の2トップで臨むのでしょう。

 トゥーロンでどちらの布陣に手応えを得たのでしょうか。タニが出るか出ないかで面白みが120%変わってくるので、ぜひともスタメンから使って欲しいなぁと思います。

☆タニ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 タイ戦に向けて、俊輔が足の怪我を悪化させてしまっているという記事がエルゴラのみならず、本日のスポーツ記事で散見されます。

 ☆スポニチ 古傷再発!俊輔 右足首痛みで別メニュー
 ☆報知 俊輔タイ戦欠場へ…古傷右足首ねんざ「歩くだけで痛い」

 ケンゴにチャンスが巡ってくるかもしれませんね。勝てばほぼ予選通過決定になる重要な試合、使ってもらえなかった悔しさを、ふろん太サポの恨み…じゃなかった悔しさと共に、是非とも晴らして欲しいと思います。

☆ランキング応援お願いします^^;

悔しさを後半戦に繋げる!

 今日は新聞休刊日のため、エルゴラはお休みです。

 フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 2点差以上の勝利で決勝トーナメント進出が決まる試合でしたが、結果は2-3の敗戦。まぁ、3失点で済んだことを良しとしたほうがいいと思います。新居の決定力不足に救われました。

 負けたら終了という危機感が醸し出すその雰囲気は、リーグ戦にはない独特なものでしたね。客観的に見て非常に面白い試合でした。選手も最後の最後まで諦めることなく戦ってくれていました。

 あの気持ちで残りのリーグ戦を戦ってくれれば、リーグ戦は上位争いができることと思います。

 代表への選手供給や続出するケガ人の状況の中で、若手を積極的に起用できたことも、今後にとっての好材料でしょう。悔しいミスも多発してしまいましたが、この悔しさをバネにより一層奮起してくれることでしょう。

 怒涛の攻撃を見せてくれましたが、相手GK岡本やポストバーに神懸ったセーブを連発されました。今年のフロンターレはそういうシーンが多いですね。一言で言うと、決定力不足。

 課題盛り沢山ですが、課題が見えているからこそ成長する要素がたくさんあるとも言えます。

 金曜日からのキャンプでもう一度仕切り直しですね。28日からのリーグ後半戦、見違えた選手たちがピッチで躍動することを心から楽しみにしております。

☆ランキング応援お願いします!!

暗雲漂う代表

 敵地で3位オマーンと1-1で引き分け。残り2戦を残し、勝ち点差は3なので、最終予選突破に近づいた結果であることは間違いないでしょう。

 最低限の結果を得たとはいえ、今日の戦い方に納得されているサッカーファンは一人もいないことと思います。中でもふろん太サポのほとんどは、監督の采配に呆れたか怒り心頭のどちらかでしょう(ーー;)

 暑い中体力消耗は分かっているのに、交代をもっと早くできないのか。

 仕掛けるのが武器の選手に「仕掛けるな」とは何を期待してピッチに送り出しているのでしょう。

 岡田色はさっぱり分かりません。

 大久保の一発レッドは明らかでしたね。。成長しているようでまだまだ幼いですね。

 溜まっていたストレスがあったのでしょうが、将来の代表を目指す子供たちのお手本となる選手がああいうことをやってはいけません。

 ☆代表戦のレビューはランキングでどうぞ!!

 話変わって、明日(今日)のお話。

 フクアリのアウェー席は完売とのこと。多くのフロンターレサポーターでゴール裏は埋まるのでしょう。

 使わないなら戻せ!と言いたいところですが、残った選手たちとサポーターが120%死力を尽せば、2点差勝利も可能だと思います。

 植草も今日の練習で骨折離脱するなど何かの呪いが降りかかっていますが、予選突破を決めてその呪いを一掃したいですね。

☆気合の入ったフロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

ミノ復帰!!

 長い長いケガとの戦いを終え、フロンターレのバードマンがピッチへ戻ってきます。

 ☆サンスポ 川崎・箕輪、今季初出場へ…8日ナビスコ杯 ☆ミノ復帰情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。

 グロインペイン症候群、全治するかどうか分からない症状で、開幕前に休養という本人の思い切った決断から4ヶ月。想像できない苦しみに耐えたことと思います。

 ナビスコ決勝トーナメントに進むには勝つしかない状況での起用。燃えないわけがありません。

 これで3バックは本職のDFが並ぶことになります。

 村上を右サイドで起用できることで、サイドからの攻撃はもちろん、ミノのカバーもしっかりと果たしてくれると思います。

 決戦は明日。チケットは購入されましたか~??

☆ランキング応援お願いします!!

伸び続ける若き巨木

 一昨日の代表戦に関しては、フロンターレ戦士が出場しなかったのでスルーします。録画しましたが、得点シーンはニュースで何度も見たので、再生することなく消去されることとなるでしょう。

 代表戦の感想はランキング登録のブログにたくさんあるので、そちらで済ませました。

 今日のエルゴラも代表戦のレビューが中心の紙面構成。

 一昨日に亡くなられた長沼健氏の追悼記事も掲載されています。サッカーに興味を持ったのがここ数年のことなので、この方がどんな功績を持たれているか存じ上げませんでしたが、記事を読むことで日本サッカー界に多大な貢献をされた方なのだと知りました。

 ご冥福を心よりお祈りいたします。

 エルゴラを読み進めると最終面にナビスコカップ特集が組まれています。その中身はブレイク直前の選手を取り上げるというもの。

 フロンターレからは菊地・植草・木村が取り上げられています。ちなみにFC東京からはブルーノクアドロスが選出されています。リーグ戦では出場機会が少ないのでそういう扱いになってしまったんでしょうね。

 今日のブログのタイトルは植草を評する麻生記者のコメント。先日のコンサドーレ戦での活躍で一躍ピックアップされることになったのでしょう。

 フクアリでの一戦は2点差以上の勝利が必要ですので、彼にかかる役割はこれまで以上の大役となります。ビッグセーブ連発の完封勝利で自信を持っているでしょうから、きっと大丈夫だと信じております。

☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。 

(おまけ)カブはどーなるの??
☆日興コーディアル証券 日興Loppiトレード(ピーカブー)サービス終了のお知らせ

相馬フットボール研究所

 本日発売のエルゴラは内容盛り沢山です。

 オマーン戦のプレビュー、ナビスコ・J2・トゥーロンのレビュー、ユーロの展望などなど。

 中でも一番勉強になったのは、今回から始まった【相馬フットボール研究所】。

 題材は悔しい敗戦を喫したレッズ戦におけるケンゴの働きについて。プロの視点が分かりやすく解説されています。何気ないプレーにも選手の意図があることが丁寧に書き記されています。読み込むのに時間がかかりますので、ぜひ通勤電車のお供にどうぞ☆

 さてオマーン戦ですね。既に一敗している状況に加え、同じ勝ち点のオマーンをホームに迎えての一戦。引き分け以下で3次予選突破が非常に厳しい状況に陥ります。逆にオマーンに連勝するようだと残り2戦が消化試合になるので、いろいろと選手を試せる機会にもなりえます。

 マスコミの報道を見ていると、あまり危機感を感じない…勝てるような雰囲気を醸しだしているのが気になるところです。

 フロンターレの4戦士、誰か出場はあるのでしょうか??エルゴラの予想フォーメーションではケンゴはカッコ書きになっていましたので、スタメンではないかもしれません。俊輔を中心に考えるのであれば、長谷部や今野よりも俊輔との連携を蜜に取れるケンゴの力が必要だと思いますが、岡田監督はどういう選択をするのでしょうか??

 遠藤がボランチに入るような記事が散乱しているところを見ると、出場は厳しいかな。。

 玉田のワントップに、左に松井、中央に大久保、右に俊輔、ボランチで遠藤と今野でしょうか。。遠藤とケンゴのボランチコンビを見てみたいものですが、同じパスタイプの二人をボランチに並べるとは思えないですよね。。

 フロンターレ戦士が出ない代表戦ほどつまらないものはないので、ぜひとも使って欲しいと思います。

☆オマーン戦の情報はランキングでどうぞ。
☆フロンターレ情報は、フロンターレブログ集でどうぞ。
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。