為せばなる、為さねばならぬ何事も…。 最後の最後まで諦めることなく頂点を目指す!! Love KAWASAKI !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝った!!

 ジュニがいなくても、フッキがいなくても、我那覇や黒津や戸倉がいなくても、フロンターレのFWにはテセも久木野もいる。改めてFW陣の層の厚さを感じさせる試合となりました。

 そして、、ようやく待望の初勝利を手に入れましたね☆

 現地で応援されていた方々、選手の皆様、本当におめでとうございます。

 ☆サンスポ フッキ退団も関係ない!川崎が鄭大世の気迫ゴールで初白星!
 ☆スポニチ テセ!久木野!2トップ弾で初勝利
 ☆報知 川崎には鄭大世がいる!フッキ・ショック振り払う…J1第3節
 ☆フロンターレの試合評価はランキングでも。

 一切の情報を断ち切ってのテレビでの録画観戦。開始早々のテセのゴールに驚き、ボールを持った相手を挟んで奪いに行くディフェンスに驚き、空いたスペースへどんどん動いていく選手に驚き、とにかく10日前に見たチームとは別チームのように選手が変わっていましたね。

 後半の決定機に点が取れなかったという課題はありますが、守備陣が奮闘してゼロで抑えたのは失点が多かった彼らにとって自信になったのではないでしょうか??

 結果的に、膿がいい形で吐き出されたということでしょう。

 バーレーンから帰ってきた代表組のパフォーマンスも上々。特にケンゴは行く前よりも状態が上がっているように思えました。

 終盤には杉浦がトップチームデビュー。短い時間でしたが、多くのサポーターの前でピッチに立てる幸せを味わえたことが、彼の成長に拍車をかけることと思います。 

 ようやく掴んだ初勝利。次もナビスコで苦杯を舐めさせられたコンサドーレ。向こうもレイソルを破って意気揚々と勢いに乗っていますが、相手の勢いをものともせずに昨日のようなサッカーを展開して欲しいと思います。

 ちなみにエルゴラでのマン・オブ・ザ・マッチはケンゴでした♪

☆ランキング応援お願いします。
スポンサーサイト

厳しい戦いになるけれど。。

 未勝利で三月を終えるか、それとも膿を吐き出した形を見せてくれるのか。。新生フロンターレがリスタートを切ります。

 しかし神様は順調なリスタートを切らせてくれません。

 7人いたFW陣はフッキの退団やケガ人続出で、もはやテセと久木野のみ。ジュニも黒津も打撲で別メニューということで今日の出場はないと思われます。

 代表勢の4人も戻ってきたばかりで状態は決してベストとは言えないでしょう。特に先発で出てきたテセとケンゴの披露具合が不安になります…。

 先週も書きましたが、技術云々よりまず気持ち。点が入っていませんが、焦る必要はないのです。フロンターレの本来のサッカーを展開すれば、自ずとチャンスは巡ってきます。チャンスを作り出すのではなく、チャンスを待つ。しっかり守って、一撃カウンター。

 ジュニというピースが不在でスピード感に欠けるかもしれませんが、当たりの強いテセ、抜け出しが早い久木野、とにかく走る山岸がジュニ不在を感じさせないスピード感を見せてくれると思っています。

 今日は川崎市の試合(富士見公園…)などのため、等々力には行けません。等々力テニスコートが会場になってくれれば行けたのですが、こればっかりは仕方ありません。。ワタクシも3月に入ってからフロンターレと同じく勝てておりません。気持ちを同じにして、フロンターレのポロシャツを着て試合に臨みます。

 満開の桜が咲く等々力で初勝利の歓喜の声が響き渡るのを心から期待しております。

☆ランキング応援お願いします。

原点回帰

 代表戦も一段落し、日曜日からリーグ戦が再開されます。

 リーグプレビューの前に。。 

 昨日のU-23の試合は、可能性を感じさせる試合でしたね。仕事しながらワンセグで見ておりました。これまでの反町ジャパンと違い、走る走る。パス&ゴーが徹底されていましたね。

 監督の戦術が変わったというよりも、選手一人ひとりの意識の高さが表現されたのだと思います。選考スレスレの選手たちにとっては、アピールするために短い時間でも全力を出す必要があり、それが結集した形がピッチで表現されたのでしょうね。正直、一昨日のA代表より見ていて面白いサッカーをしていました。このサッカーであれば人気も上がってくるのでは??と思います。

 緩和休題。

 リーグ戦は第3節。フロンターレは10日前に完封負けを喫したジェフを再び等々力に迎え入れます。3月勝ちなしの中での突然のフッキの退団などチーム状態は最悪のフロンターレですが、現実を受け止めて90分走り続けるしかありません。

 エルゴラのプレビューはそのフッキの退団の記事で紙面の約半分を費やしています。。しかもフッキの写真で。そんなに記事にするネタがないのでしょうか。手抜き記事と酷評されても仕方ない出来です。ヴェルディとの交渉を始めたとの記事がありましたが、早いとこ決めてもらって、紙上でこの名前が出ないようにしてもらいたいものです。

 エルゴラでフロンターレを評している言葉が、今回のタイトルである【原点回帰】。3トップから慣れ親しんだ2トップへの移行を指していると思いますが、既にナビスコの時点でやっていることですよね。。

 勝ち負けを考える前にひたすら走る。そりゃ、考えながら走るのが理想ですが、まずは考えずに走って本能のままサッカーをして欲しいと思います。

☆ランキング応援お願いします!!

即決

 フッキが退団しましたね。オヒサルを見た瞬間は驚きましたが、すぐにこれで良かったと思えました。

 この退団をキッカケにして悪い雰囲気が一掃されるのではないかと思います。チームはフッキなしでも戦っていこうという決意を新たにし、サポーターはそんなチームを後ろから精一杯後押しすることを改めて強く思ったことでしょう。

 この決断はきっとチームを陽転させると思います。フロント・チームを信じて応援するのみです。

 完全移籍で5億円ねぇ。マギヌンとトレードという話にならないものですかねぇ。。でも、5億もあれば、選手の見る目には定評のあるフロントですから、素晴らしい選手を獲得してくれそうですね。といっても中断期間以降になってしまいますけど^^;

 大橋・養父のさらなる覚醒に期待です。

☆ランキング応援お願いします。

バーレーン戦のスタメン予想

 三次予選vsバーレーンが今晩行われます。お互い初戦をモノにしており、このアウェーでの一戦で勝てれば六月の四連戦をかなり楽に戦うことができます。

 エルゴラでのスタメン予想では、GK 川口 DF 今野 中澤 阿部の3バック、MFは1ボランチに啓太、左に山岸、右に内田、ダブル司令塔としてケンゴと山瀬が前目に、FWは高原と大久保となっております。日経のスポーツ面や各紙スポーツ面では高原離脱となっていますので、代わりに巻か玉田が入るのかもしれません。

 ☆スポニチ 猛暑何の!日本には大久保がいる!
 ☆スポニチ 無理できない…高原やっぱり欠場
 ☆サンスポ 高原もバーレーン戦欠場…右太もも裏故障で“海外組”消えた
 ☆ランキングの代表情報は専門誌並みに充実してますね。
 ☆報知 高原バーレーン戦欠場も岡田監督強気「不安ない」

 もしこのスタメンであるならば、山岸にとってはラストチャンスとも言えるでしょう。正直、なぜ代表に??と思われる方が非常に多いのも事実。その評価を覆すためにも、ガムシャラにピッチを走り続けて欲しい。安田や駒野を差し置いてのスタメン起用、監督の期待に応えないわけにはいきません。

 驚きは遠藤の名前が消えたことでしょうか。リーグが始まって以来、不調が続く遠藤はドバイでも調子が上がってきていないようですね。オシムジャパン以降全ての試合に出ているほど信頼の高い遠藤が外れるということは、調子の悪さが際立っているのかもしれません。

 話変わってフロンターレの話題も二つほど記事になっていました。

 ☆スポニチ 川崎F・伊藤 初勝利までブログ封印
 ☆報知 川崎5戦目初白星へ決起集会開く

 不調なときでも記事になるようなチームになったんですね。決起集会で意思統一がされることと思います。
 
 ぜひフロンターレの原点に戻って欲しいですね。とにかく守って守ってカウンター。堅守速攻のサッカーでサポーターを楽しませて欲しいと思います。

☆ランキング応援お願いします。

ケンゴの応用力が試されるとき

 タイトルはエルゴラでのケンゴの紹介文タイトルをそのまま引用しました。

 明後日に迎えるバーレーン戦のキーマンとして、エルゴラではケンゴが挙げられています。ドバイに入ってからのケンゴの好調ぶりに目を引くそうです。持ち味のパスに加え、ミドルシュートが面白いように決まっているとのこと。

 好調なミドルシュートが、チーム不調の新たな活力となればいいですね。

 その他、相馬先生が語る日本代表や昨日の結果などが掲載されています。昨日の結果については試合を観ているわけではないので、触れないことにします。1週間あるわけですから、一旦冷静に自分たちの映像を見て、悪い部分を選手同士で議論するのもいいんじゃないかと思います。映像は見ても自分のことだけで精一杯になってしまっていると思います。

☆ランキング応援お願いします。

焦らず慌てず

 今日は自分のテニスの試合があるため、厚別へは行けません。テレビ放送もないので、モバフロの実況中継だけが頼りです。

 焦っても慌ててもいい結果には結びつきませんから、いま自分ができることに全力を傾けるしかないと思います。過去を引きずっても結果が変わるわけではないですしね。点を取られようが、シュート失敗しようが終わったことは終わったこととして、気にしない図太さが必要かと思います。

 結果が出ないと焦りを感じるのは、一般プレーヤーであろうが、プロと呼ばれる人であろうが、誰だって同じです。そして、結果を出せない時期があるのも万人万国共通のこと。

 大きくジャンプしたいとき、膝を曲げて反動をつけますよね?停滞期は膝を曲げてカラダを小さくしている状態と同じです。強くなるために神様が与え給うた試練だと思います。

 守りから入る必要はないと思います。攻撃的なサッカーを貫いて欲しいです。同じ守るでも、ただ守るのではなく奪いに行く。結果が出ていないので難しいとは思います。でも、どんなスポーツでも守りに入ってしまうとズルズルやられてしまう可能性が高いです。

 攻撃的な気持ちでの守備と守備的な気持ちでの守備、同じ守備でも相当違います。守備が堅いチームは前者ですよね。後者だとロスタイムに同点に追いつかれたりしてしまう。

 戦術云々より気持ちです。
 
 遠く東京よりフロンターレの勝利を信じております。

☆ランキング応援お願いします。

勝てない赤と蒼黒

 時間がないので簡単に…。

 今日のエルゴラの中心は昨日のナビスコカップのレビュー。1面にはレッズエンゲルス監督の寂しい後ろ姿、1枚めくると左にフロンターレ・右にレッズの試合レビューが掲載されています。

 大橋に対するサポの評価と専門記者の評価に大きなずれを感じます。

 日曜日のプレビューはほんの5行程度の記事しかありません。日曜日、浮上のキッカケを掴む試合となって欲しいところです。

☆ランキング応援お願いします。

 

今日の試合をテニスで例えてみると。。

 一方的に押しているように見えていても、それがそのまま勝敗に現れないのが、スポーツの面白いところですね。

 ワタクシが競技しているテニスに例えてみます。サッカーについては素人なので、合致するとは思いませんが、そう的を外れたものにはならないと思っています。

 ケンゴのミドルシュートのような速いボールを打って華麗なテニスをする選手が、ぽわ~んとしたループシュートのような遅いボールをコートに確実に入れる選手に敗れることがよくあります。ちなみに市民大会レベルだと8割近く後者が勝っているでしょう。

 速いボールを打てるのに負ける人の特徴は、ラリーの中で、速いボールを駆使して相手を押し込んでいるのに、最後のチャンスボールをネットにかけたり、アウトしたりしてポイントを相手にあげてしまうことです。

 ポイントが取れないとどう考えるのか?自分のボールスピードが遅いからと思ってしまうのです。ポイントを取ろうとやっきになって、さらにボールスピードを上げるのですが、さらにミスを増やしてしまう悪循環に突入します。

 一方、遅いボールを打つ選手は、相手のミスとたまに来るチャンスボールをしっかり決めるだけでポイントを着実に稼ぐので、焦ることなく自分のプレーに徹すれば勝ててしまうのです。

 前置きが長くなりましたが、今日の試合で例えるならば、前者がフロンターレ、後者がジェフといったところでしょうか。慣れ親しんだ3-5-2のシステムは常にジェフゴールを脅かし続けました。

 じゃあ、前者はどうすれば負けていく流れを変えられるのでしょうか??

 それは簡単で、ボールのスピードを落としてでもいいから、チャンスボールを相手コートに入れればいいんです。だけど面白いものでポイントが欲しいという強い思いが、カラダに無駄な力を入れてしまい、益々ミスを増やしてしまうんです。ミスればミスるほどその思いが強くなるものです。。

 フロンターレの課題は、まず【シュートを枠に飛ばすこと】です。今日もチャンスがたくさんありましたが、枠に飛んだシュートが非常に少なかったですよね。相手GK正面でもいいから、まずは枠にボールをパスする気持ちでシュートできれば、得点は増えると思います。

 ちなみに、点が入れば守備は良くなると思っています。失点が多いのは、これ以上点を取られたくないという消極的な気持ちが生み出しているものです。不思議なもので、攻撃的な選手が消極的に守りに入ると失点が増えるのです。

 徒然と思うがままを書きましたが、次のコンサ戦まであと2日しかありません。やれることといったらシュートの精度を上げることくらいだと思います。2節はなんとかして勝ち点を挙げたいですね。

☆ランキング応援お願いします。

植草のデビュー戦

 入団4年目の植草が待ちに待ったトップチームでのデビューを飾ります。チーム状態が良くない中での先発でプレッシャーも大きいでしょうが、川島が代表へ、吉原がケガで出場できないために、回ってきたチャンスをぜひモノにして欲しいと思います。

 J1再昇格の05年に入団した植草。U-19日本代表にも選ばれた経験のある逸材です。ゴールにがっちりと鍵をかけてくれることでしょう。

 さて残り10人のフィールドプレーヤーの状態が気になります。主力の中にケガ人もちらほらいるようで、中でもフッキは出場が難しいとのこと。よって3トップではなく、昨年の3-5-2の形で臨むことが予想されます。大橋が先発としてどこまでやれるのかがキーになるかと思います。

 相手のジェフは代表5人が抜けたとはいえ、各チームから素質の高い選手を加入させました。まだうまくかみ合っていないようですが、ポテンシャルは相当高いチームだと思います。

 昨年決勝の舞台まで進んだナビスコカップ。昨年の忘れ物を取りに行く…と書きたいところですが、まずは足元を固めるための戦いに徹して欲しいと思います。

☆ランキング応援お願いします。 

九石ドームの名称が消える??

 今朝の日経の1面トップ、止まらない円高の記事かと思いきや、【新日石、九州石油を合併】という記事が踊っています。

 九州石油といえば、大分ビッグアイの命名権を購入している会社です。吸収合併となれば、その命名権も効力が消え、再び大分ビッグアイという名称に戻るのでしょう。

 フロンターレが九石ドームという名称のスタジアムで試合をするのは、4月12日が最後というわけですね。

 この合併がトリニータの経営に響かないといいんですけど…。

☆ランキング応援お願いします。

オジェック解任

 開幕連敗、しかも無得点の現状を打破するためにレッズが取った策は【オジェック解任】。即断でしたね。エルゴラの1面もこの話題になっています。

 レッズの内部事情は良く分かりませんが、監督として一番基本的な部分である選手とのコミュニケーションができていなかった点が、今後もチームも良い方向へと導けないという判断なんでしょうか??ACL優勝、世界3位に導いた監督をこうも早く切れるところに、レッズフロント陣の強さを感じます。

 ☆サンスポ 浦和がオジェック監督を電撃解任!J1最短の公式戦2試合で
 ☆サンスポ 浦和新監督にエンゲルス・コーチ…対話路線でチーム再生へ
 ☆ランキングでもオジェック解任の話題が多いですね。。
 ☆スポニチ 浦和即断!オジェック斬りで大改革
 ☆スポニチ  オジェック前監督ショックで電話出ず

 レッズは外国人枠がひとつ空いてますよね。オジェック解任で、ワシントン復帰…なんてこともあるかもしれません。レッズ攻撃陣の一番の特効薬に間違いないですからね。

 さてフロンターレの話。エルゴラでは攻撃よりも守備について指摘されています。スピード不足に、寄せの甘さ、、詳細は読んでいただければと思いますが、書かれているとおりだと思います。突きつけられる多くの課題を関塚監督がどう紐解いていくのか、改善されることを信じております。

☆ランキング応援お願いします。

まだ2節が終わったとこだから。

 まず初めに、、現地で観戦された皆さん、本当にお疲れ様でした。

 ふろん太サポの方々はショックが大きいかと思いますが、まだ2節が終わったところです。去年のアントラーズは開幕2連敗でしたよ。期待が大きかった分、失望もまた大きいでしょうが、関塚監督を信じましょう。欲言うと、2006年の今頃のサッカーが取り戻せないものですかねぇ。。

 今日は仕事のため、録画観戦でした。モバフロやネット、フロンターレに関する情報一切をシャットダウンしておりました。でも、他の試合の結果は知っていたので、レッズやガンバがこけたのを笑っておりました(ーー;)あ~恥ずかしい。。優勝候補が次々とこけて波乱の幕開けですね。ファンサカは散々だ…。

 ☆第2節の情報は、ランキングでどうぞ。

 録画に失敗して、1時間しか取れておらず前半しか見られなかったのが不幸中の幸いだったかなと。

 1-4。前半しか見てませんが、ヴィッセルのほうがいいサッカーしてたし、むしろフロンターレが調子のいいときにやっていたサッカーをしていたなぁと思います。

 フロンターレだって悪くなかったと思いますよ。4バックで、プレスが早いチームに相変わらず弱いところが露呈されましたけどね。引き気味なディフェンス相手にシュート25本浴びせてるわけで、守りきったヴィッセルディフェンスを称えるべきではないでしょうか。特にジュニのシュートを止めた北本。あそこで同点になっていれば、また違った展開になっていたと思います。

 決定機を決められない展開に、去年の9月を思い出しましたね。1年間調子良く戦えるチームはないわけで、むしろ開幕のこの時期に出せる膿は出し切って欲しいですね。本当に3トップに拘る必要があるのかとかね。

 ケンゴ・川島・山岸(テセもかな?)が代表に選出されている間に、ナビスコ予選が2試合あります。ここで3トップ以外を試してくるでしょう。ジュニのトップ下とか、大橋先発とか。
 
 ワタクシの期待は植草。吉原がケガのため、トップチームデビュー間近です。3番手GKとして耐えてきた悔しさを一気にぶつけて欲しいところです。

 まだ2節が終わったところ。今年の全てが終わったわけではないですから、悲観的になる必要はないと思います。

☆ランキング応援お願いします。

我那覇先発復帰へ

 今週もあっという間に金曜日ですね。火曜日に報知がスクープしたジュニの帰化話でもちきりの1週間となりました。既に弁護士を通じて、帰化申請の書類は提出されているようで、その書類が法務局へ届いているかどうかを代理人が確認している最中とのことです。

 ☆サンスポ 川崎・ジュニーニョ、すでに弁護士に帰化申請書類提出してた
 ☆スポニチ ジュニーニョ国籍申請書類そろった
 ☆報知 ジュニーニョは衰えない…32歳の南ア大会
 ☆ランキングでもこの話題が多いですね。

 明日は第2節、アウェーでのヴィッセル戦です。昨年も第2節はホムスタでのヴィッセル戦でしたが、インドネシア帰りの選手たちは動きが重く、村上の強烈ミドルで先制したものの、谷口の退場もあり、なんとか引き分けで耐えるのがやっとという試合でした。過去、ヴィッセルとの対戦で引き分けたのはこの1試合であり、いまだ負けなしという相性の良さが、チーム戦術が浸透していないフロンターレにとってプラスに働いてくれると思います。

 といっても今年の神戸は補強もうまくいき、戦力的に見ればフロンターレと同等と言っても過言ではないでしょう。ボッティ、キムナミルで構成されるダブルボランチに、日本代表FW大久保など警戒すべき選手がたくさんおります。先週以上に守備陣に相当な負担がかかる試合が予想されますが、関塚監督のことですから対策はしっかりとできていると信じたいです。

 今週は我那覇が主力組でプレーし、昨日の紅白戦でもユースケのクロスを決めてキャンプから続く好調さをアピールできたそうです。前線でタメを作れる我那覇が入ることで、先週のような単発的な攻撃ではなく、MFも含めた二重三重の厚い攻撃が展開されるのではないでしょうか?代表復帰へ第一歩を順調に踏み出して欲しいものです。

 一方、ポジションを譲る形になったテセは、東アジア選手権やW杯予選の疲れから本来の動きが見られないという記事からすると、状態が下降気味になっているのかもしれません。月末のW杯予選では上海へ再び遠征ですから、なかなかコンディションが上がってこないかもしれませんね。。これも代表選手の宿命、一歩上に行くための試練ですね。

☆ランキング応援お願いします。

エルゴラはフロンターレ特集。

 今日のエルゴラは絶対に【買い】です♪

 と、エルゴラの前に。

 昨日の報知でのジュニーニョ帰化の話が各紙で取り上げられていますね。ふろん太系ブログでも、賛否両論ありますがこの話題一色、この話題はしばらく日本サッカー界を賑わすことでしょう。ジュニの帰化が認められれば、ジュニより日本語が達者なバレーやマギヌンも帰化を検討するかもしれませんね。

 ☆報知 ジュニーニョ独占激白「W杯決勝行く」
 ☆報知 ジュニーニョ代理人「本人本気度120%」…帰化申請表明
 ☆サンスポ 岡田ジャパンの秘密兵器だ!川崎・ジュニーニョが帰化申請へ
 ☆スポニチ ジュニーニョ 問題は日本語能力?
 ☆スポニチ 川淵C 日本国籍取得へ協力約束
 ☆ランキング登録ブログでも帰化について書かれています

 本日はACL予選初日。ガンバはホームで、アントラーズはアウェーで初戦を迎えます。エルゴラの1~4面ではその開幕戦を取り上げています。フロンターレがマランで初戦を戦ってから早1年以上経つんですね。月日の経つのはホントに早いこと早いこと。。

 緩和休題。

 10~13面ではシリーズ”クラブ力”第1弾ということで、フロンターレが4面に渡って特集されています。
 
 10・11面では福家GMのインタビュー。就任当初に設計した10ヵ年計画が着々と身を結んで来ているそうです。フロンターレの育成・教育方針や今年・来年以降のビジョンについても熱く語られたインタビューになっております。この方がいればフロンターレが崩れることはないだろうと確信させられました。

 12・13面は向島スカウトのインタビュー。現役引退後はエスパルスからも声をかけられていたそうです。それでもフロンターレを選んだ理由やスカウト就任~現在への道のり、その方針などを語ってくれております。

 読み応え充分の両記事です。今日のエルゴラも武蔵小杉近辺では売り切れ必至でしょうね(笑)

☆ランキング応援お願いします。

ジュニが日本人に??

 眠い目を擦って朝のスポーツ紙チェック。報知の記事を見て、一気に目が覚めました。

 ☆報知 J1得点王ジュニーニョ、帰化へ!岡田日本W杯へ追い風
 ☆Jリーグ情報はランキングでどうぞ。

 いやぁ、(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!です。かなり興奮しております。

 これがホントであるならば、なんと嬉しいことでしょうか。ジュニが青いユニフォームでピッチを駆け回る、ケンゴからのスルーパスに抜け出す、そんな姿が実現に近づいているんですね。

 これはチームにとっても追い風。外国人枠がもうひとつ増えるわけですしね。

 ブラジル国籍では夢のまた夢であるW杯出場を日本国籍で叶える…ジュニの夢を応援してあげたいと思います。

☆ランキング応援お願いします。

スタート失敗

 昨日の開幕戦は非常に残念な結果に終わってしまいましたね…ピッチに繰り広げられた川崎劇場は、破壊的な攻撃陣が魅せる華麗な川崎劇場ではなく、リードしている終盤に何度も見せられてきたものでした。

 失点前のコーナーキックで時間稼ぎに入ろうとした時点で嫌な予感がよぎったのはきっとワタクシだけではなかったと思います。

 期待を裏切る結果となってしまった2008年開幕戦。今年のフロンターレに対する期待の大きさか、朝の抽選に1000組以上が集まり、開門前の7番ゲートの列は広場内に収まりきらず、7番ゲート付近まで折り返すほどの長蛇の列、5番ゲートは土手近くまで列が伸びていたそうです。等々力で2万を超えると、初めて来た人にとっては次も来たいと思えないでしょうね。。

 【ホーム全勝】。昨年のホーム最終戦での口約は、その本人が反故にしてしまいました。確かに、PKを取られるようなファールではなかったかもしれません。でも、そのプレー自体よりも、ラインをずるずると下げて、ペナルティエリア内での接触プレーを引き起こしてしまったことを大いに反省すべきだと思います。

 今日のエルゴラの1~3面は昨日のフロンターレの試合で構成されています。3トップによる可能性と弊害について記述されております。エルゴラの選ぶマンオブザマッチは川島でした。川島がいなかったら大敗していたかもしれません。

 早朝出勤のため、中途半端な記事で終わってしまうことをご了承下さい。。

☆ランキング応援お願いします。 

エルゴラ開幕直前情報

 いよいよ明日からJ1/J2共に開幕を迎えます。ランキングに登録されている各チームのブロガーも開幕が待ちきれない記事が多くなっています。

 今日のエルゴラは、開幕戦全試合のプレビュー記事が中心です。しかもフロンターレが1~3面に掲載されております

 1面では、レッズ・アントラーズ・ガンバ・フロンターレを【四強】と称し、今年のJ1リーグの軸として、世界クラブへの可能性を期待している旨を掲載。【四強】それぞれの代表選手の写真を1面に使っていますが、紙面の4分の3をフッキの大きな写真が独占。他の三強チームの選手写真の大きさは見てのお楽しみということで。。

 1枚めくると、2~3面はフロンターレvsヴェルディのプレビュー。

 フッキを中心に記事が展開されており、5年目に入る関塚体制の振り返りや開幕前のチーム情報、監督・山岸のコメント、序盤のスケジュールの見解などが掲載されています。昨年より攻撃陣をさらに厚くした陣容、その破壊的3トップは一見の価値ありとする一方で、不安要素として、箕輪の離脱が守備崩壊の綻びになる可能性を示唆しています。

 一方のヴェルディ側の意地は、昨年までのチームメートでチームのJ1復帰の立役者であるフッキとのいきなりの対戦で、フッキとどう対峙するのかが中心となっています。

 フッキ対策はできあがっているようですが、それを見る限りフロンターレの思惑に見事にハマってくれるのではないかとふろん太サポとしては期待が大きくなります。

 4面はガンバvsジェフ、5面にアントラーズvsコンサドーレ、6~7面でマリノスvsレッズ、9面でエスパルスvsトリニータ・グランパスvsサンガ、10~11面で【浩ダービー】と称されたFC東京vsヴィッセル、12面でオレンジダービー・レイソルvsジュビロのプレビューが掲載されています。

 J2は14面~16面。フロンターレにゆかりのある選手が揃ったベガルタはベルマーレとの対戦。先発予想に西山・ヒダンの名前がないのが残念ですが、長いシーズンスタメンで使われる機会もきっとあると思います。

 読み応え充分のエルゴラ、売り切れ必至ですので、ぜひお早目の購入を(笑)

☆ランキング応援お願いします。 

決起会無事終了

 共通の話題があると、初対面でもかくも盛り上がるものなのかぁ~。
 昨日帰りの電車でふと思ったことです。

 翌日もあるので、一次会で終了の予定でしたが、話尽きない我々はHUBで二次会も決行するほどの勢いがありました。
 
 月曜から体調が悪く、ようやく昨日の午後に回復した状態でしたが、それを忘れさせてくれる楽しい時間を過ごすことができました。

 参加していただいた皆様、本当にありがとうございましたo(^-^)o
時間が短く、参加者の皆様全員とお話できなかったのは残念でしたが、等々力や次回開催時(日時は決まってませんが、やる予定です)にでもお話できればと思います。

 今週も残り二日、開幕を楽しみに頑張りましょう♪

ケンゴが五輪予選??

 内容を見ると、W杯三次予選と書かれていますので、単なる誤植でしょうけど…。

 ☆スポニチ 憲剛 五輪予選は“特注スパイク”
 ☆開幕まで1週間。各クラブの情報はランキングでどうぞ。

 今日のエルゴラはゼロックスカップや各地で行われたプレシーズンマッチ・練習試合の特集が組まれております。ゼロックスカップについては、家本主審を使ったことについて、強烈な批判記事が載っております。しばらくJ1の笛は吹けないんじゃないんですかねぇ。むしろ全33チームのサポーター全てが彼に笛を吹いて欲しくないと思っていますよね、きっと。

 プレシーズンマッチ・練習試合の中で一番大きく取り上げられているのがフロンターレ。仕上がり順調という大きな見出しの下、【現在の川崎Fに死角は見当たらない】とまで書かれております。不安は昨日露呈した控え層の薄さやテセ・山岸の左サイドのコンビネーション、ケンゴ不在時の攻撃の組み立てが単調になることが挙げられています。ケンゴ不在時の穴を埋める一番手の養父がどうもスランプ気味という情報を耳にしました。。2年目のジンクスなんていう古い言葉が当てはまらないといいんですけどね。

 さて今週も月曜日が始まりました。週末の開幕を楽しみに仕事頑張りましょ~♪♪

☆ランキング応援お願いします♪

ハンドルネーム変更のお知らせ

 いつも弊ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 この度、弊ブログでは、作者のハンドルネームを以下のように変更させていただくことをご報告申し上げます。

 これまで:ちくみん。 ⇒ 今後:よっこ。♂

 変更の理由:特になし。

 【よっこ。♂】は日常生活の呼び名(さすがに【♂】の発音はないですけど、つけておかないと性別が分からないことが多いです)やmixiのハンドルネームと同じなのです。

 変更を考え始めたのは、浅草までランニングしている最中にふと思いついたに過ぎません(笑)何も考えずに走っているところにふと思いついたことなので、潜在意識が何かに導こうとしているのかなぁ~と思い、迷わず変更に踏み切りました。

 今後とも弊ブログをよろしくお願いいたします。

 

我那覇好調♪+家本劇場

 今日のスポーツ紙は家本劇場に対する記事と各チームの練習試合に関する記事が中心となっていますね。

 ☆スポニチ 微妙判定連発!敗戦鹿島 大荒れ
 ☆サンスポ 鹿島、審判にやられた!疑惑判定続発で岩政&大岩開幕戦欠場
 ☆報知 鹿島に「家本主審の笛」!2―0から逆転負け…ゼロックス・スーパー杯
 ☆ゼロックス・練習試合情報はランキングでどうぞ。

 昨日のゼロックスカップのジャッジは当然物議を醸しだしますね。今年の順位決定方法に反則ポイントが関わってくることが先日決まりましたが、担当する審判によってこの数字は大きく変わってくるわけで、客観的な数字にならないものを順位決定方法に付け加えるというのはいかがなものかと思います。

 アントラーズにとっては災難なジャッジでしたが、ジャッジ云々よりも2-1で逃げ切れなかったところに王者の隙が見えた試合だったと思います。最後のPKも逃げ切ってさえいればなかったものだったわけですしね。

 そのPKも曽ヶ端の動きが早いとのジャッジが下されたわけですが、一番近いところで見ている副審の判断ですから、今までが大丈夫でもその瞬間にルール違反と判断されたら、それはルール違反に違いありません。ACLで同様なジャッジが出ないとも限りません。精神的な強さを試された一戦だったとも言えるのではないでしょうか。

 さて、ゼロックスカップの裏で非公開で行われた多摩川クラシコ練習試合。結果は3-0でフロンターレの圧勝。ジュニが2得点、我那覇が1得点と攻撃陣は好調で、来週の開幕戦がますます楽しみになりました。

 ☆報知 我那覇3戦連発!代表復帰へ決めた!
 ☆スポニチ 我那覇 レギュラー復活アピール弾
 ☆サンスポ 川崎J屈指のFW陣爆発!FC東京に3-0完勝で仕上がり上々

 途中で横山や菊地、田坂など大卒ルーキーも出場させる余裕のゲーム内容。選手ブログも手ごたえを感じる記事がたくさんアップされています。今日は麻生グランドでのクラシコ練習試合。Bチームもこの勢いで連勝と行って欲しいですね。

☆ランキング応援お願いします♪

箕輪離脱…。

 開幕前週に箕輪離脱の報道が出ました。。レギュラークラスの離脱は、村上と合わせて二人目になります。(もしかしたら吉原もか??)二人の後塵を拝していた若手にとってはチャンスには違いないですが、計算できる戦力が抜けるのは監督にとって頭が痛いことでしょうね。

 ☆報知 川崎・箕輪、グロインペイン症候群で長期離脱へ
 ☆スポニチ 守備の要が…川崎F・箕輪涙の離脱
 ☆ゼロックスカップ・開幕直前情報はランキングで。
 
 グロインペイン症候群とは、骨盤周辺の筋肉の疲れ、歪み他、股関節のくっつきから起こる慢性腰痛、激痛腰痛が特徴で、ドイツW杯前に中田英が発症したことでサッカーをよく知る方にとっては耳慣れた病気ではないでしょうか。完治するまでにかなりの時間を要するので、年齢的に現役でいられる時間が短いミノにとっては苦渋の決断だったことでしょう。

 一日も早い復帰を祈るのみです。。

 さて今日の非公開練習試合、どんな先発で臨むのでしょうか。3トップの一角はガナorテセどちらでしょうかね。練習試合でいいコンビネーションを見せていたガナ、東アジア選手権で得点王になったテセ、どちらを使うか監督は難しい悩みを抱えていますね。

 もし、あなただったら、どちらを先発に使いますか??

 (お知らせ)

 昨日まで告知していた 3月5日(水)19時キックオフ「フロンターレサポーター決起集会」 ですが、おかげさまでほぼ予定どおりの数の参戦表明をいただきました。ありがとうございました。

 今回お仕事で断念された方もいらっしゃるかと思いますが、次回(かなりの確率で行うはずです(笑))はぜひご参加いただければと思います。
プロフィール

よっこ。♂@ふろん太サポ

Author:よっこ。♂@ふろん太サポ
お越しいただきありがとうございます♪

川崎フロンターレをこよなく愛する
30歳♂です。

モットー:~Love for all~
 愛こそが人を幸せにする☆

 そんな甘いことを常に思っています。

 心豊かな生活の実現に向けて、日々生活しています。

 応援時にはダイエットも兼ねて、Gゾーンやアウェーゴール裏で跳ねてます♪

 コメント+TB、相互リンク大歓迎です!!

J.B.Antenna

TBありがとうございます☆
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの名言

presented by 地球の名言

コメントありがとうございます☆
データ取得中...
人気記事
リンク集
ブログ内検索
月別アーカイブ
ご訪問ありがとうございます☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。